カテゴリ:カメラ( 39 )

日曜日はズミクロンを持ってのんびり散歩

ズミクロン35mm ASPH
NEX-6


このコンビネーションは、首から下げて散歩しても重量感がないから楽しい。
f5.6の3mにでもセットしておけばピンも気にする必要はない。
まさにスナップカメラである。

b0233441_19332854.jpg




スナップの醍醐味であるノーファインダーでも得意な組み合わせだ。

b0233441_19403549.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-03-17 19:34 | カメラ

見せしめ

小さな物体が空中に吊るされている。

b0233441_19271378.jpg



トリミングして見ると・・・・



カラスだ



ウクライナ情勢を巡り、米露とEUが激しく対立している。
攻撃すれば金融制裁をするぞと。
あほメディアは米露冷戦の再現かと煽るし。

21世紀になっても相変わらず変わらない世界。


歴史は繰り返されるというか、人間はいつまでたっても愚かだ。

b0233441_1928525.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-03-04 19:27 | カメラ

オールドレンズがブームとか

以前、ビンテージ万年筆ブームについて書いたことがあるが、今日はオールドレンズブーム。


ミラーレスカメラに数十年前のレンズをとりつけて、その写りを楽しむことが静かなブームとなっているようで、それはそれでほほえましい現象だと思う。


レンズはその保管方法によってはカビが生える等の劣化の危険がある。
あるいは、無知な者によってふき傷が発生する懸念もある。
当然古ければ古いほどそのリスクは高くなるわけで、もし、そうなればジャンク品扱いである。


しかし、レンズのカビやふき傷以外は瑕疵がない「レンズ」でそれを販売する側に悪意があった場合は、以下のような「修理」を経て販売されることもあるから気を付けなければならない。

それは、レンズを交換してしまう荒療治である。
同種の「レンズ」の正常なレンズと交換するのなら良心的だが、なかには他の「レンズ」のレンズを削ってサイズを合わせたり、あるいは新たに「製造」してしまうということもあるようである。
こうなるとオールドレンズの写りを楽しむどころか、ニューレンズの描写試験であり、知らぬは本人ばかりなりということである。

その結果、C評価のレンズをA評価として売り付けられ、嬉々として大枚を出す羽目になるのである。


この手の話は中古の高級腕時計でも聞いたことがある。


今日の格言

ビンテージとかオールドと換言されてもしょせん中古である。
中古品にはそれなりの潜在的なリスクがあることをお忘れなく。
今後は「レジェンド」という名の中古商品もでてくる予感。
[PR]

by sekaihahiroi | 2014-03-03 17:04 | カメラ

雪夜


ズミクロン35mm ASPH
NEX-6

b0233441_1525788.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-02-27 15:03 | カメラ

悦楽人生 MADE IN GERMANY 今宵も浮かれる

LEICA M6さんのSEXYなお姿にしびれる~

b0233441_19352233.jpg



カメラ本来のの持つべきスタイルは、奇抜性のないライカM6のようなフォルムである。
「心臓部に」日本の某ーカーの製品を搭載した今のM9等は、もはやライカとはいえない。
例えば、中身が中国製なのに、側が日本製の電化製品をだれが好んで買うだろう。

ライカMシリーズは、M7で終わった。
いや、厳密にはM6で終わったと確信している。
なぜなら、AEをMシリーズには求めることは不自然だからである。

つまり、カメラ本来の操作性の原点を楽しませてくれるのがライカMシリーズのはずだからである。
b0233441_19361757.jpg



おふこーす!ズミクロン35mm ASPHちゃんも素敵よ❤

b0233441_19372053.jpg



モンブラン146や149、ペリカンM800ちゃんもいいわよ~

b0233441_19425827.jpg


リモワトパーズ君も良い顔してるわね~


ようするに、あたしゃゲルマンが好きなのよね♪
b0233441_1947799.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-02-25 19:37 | カメラ

大馬鹿者

近所には馬鹿者が数人いるが、そのうちの一人がでかいプードルをノーリードで散歩するこの男。
このショットのすぐ後に我が愛犬にきずいたでかいプードルは、その巨体をダイナミックに揺らしながらこちらに近づいてきた。

吾輩はこらーと、大声でけん制したが、彼の好奇心は一向に無くなる気配はなく、さらに我々に付きまとう。
愛犬はすっかり脅え、妻殿の腕の中で震えている。

早くリードを付けなさい。と、一喝したが、馬鹿者は自制の利かなくなった犬にただただ翻弄されるだけ。



ズミクロン35mm ASPH
NEX-6

b0233441_835373.jpg



さっさとリードを付けろと恫喝すると、なんとか馬鹿者が制御できる状態になり、窮状を離脱できた愛犬。


b0233441_8392284.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-02-23 08:38 | カメラ

NEX-6 使用2カ月の感想

ズミクロン35mmASPH用として年末に買ったNEX-6を、シンガポールやオストレリアを始めとした旅先や、日常で使ってきた感想をここいらでまとめておくことにする。


EVF
コントラストの高い被写体ではブラックアウトして見えない。
白砂の砂漠や雪景色では全く使えないので、絞って、かつ、ノーファインダーを余儀なくされる。



ピーキングレベル
概ね使えるが、ハイコントラストな被写体にも反応してしまうので過信はできない。



バッテリー
減りが早いのでスペアーを1個携帯している。
充電はNEX-6本体を使用するので、旅先では毎晩就寝中にしか充電できなく不便である。



「パンケーキ」
E PZ 16~50mm f3.5~5.6OSS
開放値が3.5~5.6と暗いので背景が汚く、メリハリがない。
購入前に、カメラ店の店長にこの開放値を指摘したところ、「今のカメラは暗いレンズでも写るから大丈夫ですよ。」と、ピント外れな回答をもらった。
いや、むしろこのカメラのユーザーはその程度だという想定をもとにしたマーケティング戦略なのかもしれない。



書き込み速度
ニコンD700と比較すると心もち遅いが、許容できるレベルだろう。



シャッター音
ライカM6に似せたような音。ミラーレスだけあって静かで上品なサウンドである。



ズミクロン35mmASPHとの相性
APSサイズなので50mm相当の画角を得ることができる。
これは期待した効果なので満足である。
小ぶりなクロームの銅鏡が、黒いボディーとマッチして存在感が十分である。



ホールド感
軽いボディーとグリップがシナジーである。



recommend・・・・★★★(EVFのできがお粗末)


b0233441_917271.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-02-22 09:17 | カメラ

豪雪は太る

歩道が未除雪なので、除雪の済んだ近所しか歩けない。
でも摂取量は変わらない。(アルコールを含む。)


ズミクロン35mm ASPH
NEX-6


b0233441_19351895.jpg



親犬ともども融雪の時が待ち遠しい今日この頃。


b0233441_19375559.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-02-19 19:32 | カメラ

飲み会が続いてご迷惑をおかけします

先月は新年会が目白押しで、やっと終わったと思ったら今度は「通常の飲み会」が続き、留守を預かる家族も大変だが金も忙しい。


明日は「インタースィティーミーティング」。
妻殿にこれ以上迷惑をかけるわけにはいかないので、明晩はホテルヤモメ。


ズミクロン35mm ASPH

b0233441_19232395.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-02-14 19:24 | カメラ

遠近感

50mmは遠近感が誇張されず、自然な写りを表現できるからいいね。
カメラ小僧となってSLを追いかけていたのは今から40年以上前のことだけど、その当時はニコンFと50mm f1.4を1本だけ持っての撮影旅行だった。

そして今、APSサイズにズミクロン35mm を付けることにより、懐かしい画角を手に入れることができた。


写真は50mmに始まり、50mmで終わると誰かが言っていたが、やっとその言葉の持つ意味が分かりかけてきた今日この頃。



ズミクロン35mm ASPH
NEX-6


b0233441_13433278.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2014-02-13 13:42 | カメラ