台北求人情報

何となくわかるようなそうでもないような。
もし、台北で就職する場合は英文の労働契約書を取り交わしたい。


しかし、労働者はどこの国においても搾取されるのがおちなので、できることなら起業したい。


初期投下資本を押さえて始める台北起業として、日本人観光客相手の「台北サイクリングツアー」を考えた。
大手旅行代理店が案内しないようなローカルな「名所」を、日本人ガイドと共に自転車で回るというものである。
経営学で言うところの隙間狙いである。

日中半日コースでひとり1万円、昼食と保険込。
ただし最少催行人員は10名。

バリエーションとして夜の大人コースもおもしろい。


もちろん日本人ガイドは「若い労働者」を使う。


b0233441_19251172.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-03-22 19:25 | Taiwan

台北のお勧め料理は

ずばり火鍋である。

白菜の代わりにキャベツを使うところが異国情緒。
タレは3段階のスパイシーを選択できるが、いつでもどこでも日本人好みの「ミデアム」は通じないので、中国語を習得しておきたい。
鍋は各自一つづつ用意されており、マイペースで楽しめる。
「雪花」を冠詩に持つお勧めの肉は間違いない。

なお、ビール用のコップは肉厚で小ぶりであり、多少カルチャーショックがあるかもしれない。


観光客のいない「市民大道」はお勧め。


b0233441_19365339.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-03-21 19:38 | Taiwan

黒珍・・・・

大学生の頃、西新宿の焼鳥屋で「珍宝」という名の鶏の睾丸を食ったことがある。
アンモニア臭くて珍味どころか、吐き気をもよおした。

食文化の違いというよりも、神をも恐れぬ食い物だと思った記憶がある。


台北の八百屋でこのフルーツ名を見て、小便臭い記憶が蘇った。

b0233441_19435167.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-03-13 19:43 | Taiwan

大都会の一日



b0233441_1918336.jpg


ブランチ

b0233441_19223665.jpg


アフタヌーン

b0233441_19221823.jpg




b0233441_1920470.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-03-12 19:20 | Taiwan

椰子の実

今まで椰子の実をたしなんだことがある国はミャンマーとタイランド。
そして、台湾にも椰子の実があることを知った。


ウボンラチャタニ / タイランド
b0233441_19244564.jpg


味はどうかというと、微妙。
ナチュラルでも冷やしてあっても慣れないせいかどうかどうか、話題性を追い求める向きには良いだろう。


大都市台北は、椰子の実の落下に気を付けたい。

b0233441_1923451.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-03-07 19:23 | Taiwan

美味い店の見分け方

台北にあるショウロンポウの美味い店は、じつはここだよ。
ただし、その店はどこだ?と聞かれても残念ながら思い出せない。


お人よしの観光客は、ガイドブックやツアーコンダクターに乗せられて、ろくに味も分からないままにお勧めの店に殺到する傾向がある。
その結果、希少な旅の時間をかなりの待ち時間に当ててしまう。


「郷に入れば郷に従え」
複数の地元の人にお勧めの店を聞き出せば美味いものにあり付ける。
これは世界的な常識である。

b0233441_19342819.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-03-03 19:35 | Taiwan

全民健保

台湾の社会保障制度を興味深く視察してきた。
この医院は、当該国の社会保障の健康保険制度の適用があるらしいということまでは分かった。
さて、それはわが国のどの制度に該当するのか。


わが国の医療保険制度は大きく分けて二分される。
民の社会保険と国民保険、官の共済組合である。


どちらが有利だろう。
言わずと知れた法律を作る側の共済組合に決まっているわけだが。


ジャーナリスト諸君へ
世界各国の社会保障制度の官民格差を調査してみてはいかがだろう。
その快挙は、全世界的な支持を得られるはずである。
では具体的に教示しよう。



業務中の災害に対する補償のあり方である。
労働は国民の義務であるが、片や業務災害、片や公務災害として明確に区別されている。


それが原因で死亡した場合の遺族補償の差異から追求し、
人間の命の価値まで言及できたら素晴しいと思うよ。

b0233441_19491876.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-02-28 19:49 | Taiwan

退役まじかのMD90を仙台~台北で利用する

少なくとも今年の夏は退役したことを確認したMD90のビジネスクラスで、仙台~台北を飛んできた。
事前の情報でこのローカル線は同機のフライトであることを確認していたので驚かない。

b0233441_1939981.jpg


しかし、シートの前後は狭いが、横幅は妙に広い。
これはケツのデカイアメリカ女用に設計されたものだろう。

前後のスペースは現代のプレミアムエコミー程度ではなかろうか、もっとも中途半端な旅のスタイルは嫌いなのでそのクラスは利用したことは無いけどね。

b0233441_19381271.jpg



窓は2つ半分である。

b0233441_1939997.jpg



93年から運航を開始したマクドネル・ダグラス MD-90だが、14年でその役目を終えた。
機内食は台北~バンコクのビジネスクラスと遜色はなかった。

b0233441_19433058.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-01-31 19:43 | Taiwan

名ばかり仙台国際国際空港

沖縄行きの際は良く利用する仙台空港(SDJ)だが、今回初めて「仙台国際空港」を利用した。
この空港の一番の特色は、セキュリティーが国内外ともにうるさいといううこと。
さらに、帰国時に出国時も含めて初めてスーツケースを開けられたという記念すべき空港である。




いかにも彼氏いない歴が生まれてこの方20数年というメガネデブ女が、「スーツケースを開けても良いですか?」
・・・・・時間が無いんだがな。
「お時間は取らせませんから」
・・・・・・5分後に発車する空港線に乗らないと全てが間に合わなくなるんだぞ。
有無を言わせず「拝見します」
・・・・・・何も入っていないぞ。

同僚の視線を気にした片手落ち、かつ型通りの検査をしたこの女官は、パスポートを見て「ずいぶん行ってますね」だと。
しかし、アスクミー毎に、吾輩をその気色悪い三白眼で凝視しないでほしいな、プリーズ。
せっかくの楽しい旅の想い出が・・・。




さて、仙台国際空港デパチャーに戻ろう。
ラウンジインビテーションカードの実態は、じつはこの田舎空港にはラウンジが無く1,000円分の金券である。
キオスクのような売店で648円の生と、432円のつまみを買うと足が出るって。
しょうがないので喫煙室で立ったままたしなむ。
成田や羽田のようにシャワーまでは期待はしていなかったが、1杯の生で終わり。


b0233441_19444870.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-01-27 19:45 | Taiwan

冬の盆地

長野から栃木にかけての盆地だと思うが。

b0233441_19535194.jpg


もしかして中禅寺湖だろうか。

b0233441_2011022.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-01-17 19:54 | Taiwan