カテゴリ:cuba( 20 )

ハバナで絵画を購入

7時からの朝食を終え部屋に戻ると、ちょうど朝日が国会議事堂を赤く染めているところだった。

明日は8時の便でトロントへ向けて出国する予定。
今日は、ハバナを心に刻む何かを探しに出かけようか。

b0233441_16391387.jpg


リキシャの通行を禁ずるとする標識は、東南アジアや南アジアを思い起こされる。

b0233441_1773959.jpg


いいねー。

b0233441_1781562.jpg


こっちもだ。

b0233441_17102457.jpg


米国資本がハバナを席巻しようとも、街中が世界遺産として指定されている以上、このような重厚な建築物は保存されるんだろうな。

b0233441_17122288.jpg


可愛いクルマ。

b0233441_17134563.jpg


じつはここハバナでは、ゴツイアメ車と同じくらいの割合でソ連のクルマも残っている。

クロカンタイプのパジェロやランクルが全盛だった90年代に同タイプのクルマとして名を馳せたラーダ・ニーバ。
吾輩も多少食指が動いたクルマだが、そのセダンタイプがラーダである。

角ばったフォルムは現代でも十分通用するデザインであり、なかなかカッコイイクルマだ。

b0233441_17213141.jpg


どちらか1台あげるよと言われれば、吾輩はラーダをもらうだろう。

b0233441_17223461.jpg


皆さんはアメ車だろうか。

b0233441_1723143.jpg


まー個性的ではあるが、すぐ飽きるデザインでもある。

b0233441_17235262.jpg


キューバのサラダは喰えない。
野趣あふれる香りが濃厚で、例えばこのシーザーサラダ。
腐ったにおいというか肥えだめの匂いがチーズと合わさり、この世のものとは思えない味を醸し出している。

b0233441_19443294.jpg



ただし、ピーナツは優秀である。
おかげで毎晩オーダーさせてもらった。

b0233441_19453185.jpg



米に関しては稚拙である。
生煮えのリゾットの咀嚼感を味わう悲劇だけは金輪際許してほしい。

b0233441_19471811.jpg


いわゆる公務員の処遇、例えば警察官。
賃金が相当低い公務員は国家に対するモチベーションが怪しくなる。
これは資本主義であろうと共産主義であろうと同様だろう。

その結果かどうか吾輩が目撃した警察官は、交通法規違反のタクシードライバーの片手に手錠をし、札を徴収した警官はその金を自分の胸ポケットにしまってしまった。


なお、彼女はとても親切な警察官だったので念のため。

b0233441_195541.jpg


犬は基本的にノーリードで、東南・南アジアと同様な状態である。
ただし、ブリーダーが子犬を狭いゲージに入れて消費者の関心を買う商魂は許せない。

b0233441_1958884.jpg


世界各地の石畳に興味があるので、ハバナの石畳を記録しておこう。

b0233441_19593563.jpg


珍しく彫像があった。

b0233441_2003771.jpg


米国との関係改善を手放しで喜べますか?と、聞いてみたかった。
日米安保を彼らは知っているのだろうか。
いかにに危険なことだということを。

b0233441_2013522.jpg


経済最優先を目論んで、自国の将来を誤った方に導かないことをこの国の指導者に期待したい。

b0233441_2054684.jpg


ハバナの想い出に絵画を自分の土産にしてみたいと思い、サンホセ民芸市場を再訪する。
SLが目印だ。

b0233441_208720.jpg


ここでは、個人の営業が認められ、市民は活き活きと商売にいそしんでいる。

b0233441_2093722.jpg


画朗をひと通り見て回ったところ、一つの絵が印象に残ったので、作者に少しだけ質問をしてみる。

b0233441_2013092.jpg


真摯な受け応えをしてくれたので、価格交渉をしてみると、30ペソとのこと。

b0233441_20141242.jpg


では、この絵も付けて25ペソではどうか。
結局、27ペソで購入することになる。
ちなみに、この国の平均月収は20ペソである。

b0233441_20153973.jpg


この国の想い出の品も手に入り満足し・・・・

b0233441_20173473.jpg


名残り惜しいがあと十数時間でさらばだ。

b0233441_20183142.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-08-26 16:39 | cuba

ハバナで強盗に出くわす

いつものように朝5時に目を覚ます。
と、言っても日本時間では18時なんだけど、地球の裏側にいても朝5時に目を覚ます不思議な性格である。

5時と言ってもハバナは未だ真っ暗闇。
身支度をして5時半ごろホテルの回りを散歩してみる。
すると、若い女性が「ハロー~」とか細い声で近付いてくるではないか。

日中も何度か若い女性に声をかけられたが、よからぬことに違いないのは明白。
相手にせずにいるとさらにそばに寄ってくるので、キッパリとノーセンキュ・バイバイ!

夜通し公園でたむろするというか、そこに住んでいるという点もインドに似通っている。


b0233441_1451198.jpg


ホテルの入り口の前に止めてあったクルマに良い具合に光が来ているので1枚撮る。
すると、突然暗闇から黒人の青年が吾輩に詰め寄ってきて、「日本人か。この車は俺の物だ。写真を撮っただろう。1ペソ払え。」

今金を持っていないんだ。(何だとー。お前のクルマだと?と言ってやろうと思ったが敵陣故におとなしくしておこう。)
ホテルに行って持ってくるから待っていろ。

あとでどこかでバッタリ出あったらかなり不利だと判断し、1ペソ位恵んでやろう。
ホテルの入り口で持ってきた金を渡そうとすると、「こっちに持って来い。」
ホテルの光の届かない暗闇で交渉しようとしているようなので、お前こそ金を取りに来い。

カモン、カモン、カモンと互いに応酬し合う。
しばらくするとあきらめたのか「Okey、もういい」と言い残し、走り去って行った。

b0233441_1582330.jpg


強盗との一件で朝から興奮し、エネルギーを使ったとみえ、その日の朝食はいつにもましておしくいただくことができた。

b0233441_15135464.jpg


イベロスター・パルケセントラルホテルの朝食であります。

b0233441_15143643.jpg



今日の予定をどうしようか。
そーだ、ハバナバスツアーのT3に乗ってみよう。

パルケセントラルでは兵隊さんたちが儀式の真っ最中。
白い軍服が南国の青空によく映えてカッコイイー・・・・・。

美人兵士をポートレート・・・・あれっ?
ファインダー越しの彼女は猛烈な眠気と格闘中の様子。

b0233441_15192029.jpg


普段は凛々しい女性兵士であります。

b0233441_15202069.jpg


ハバナバスツアーのT3のバスは、T1のバスのように2階バスではなく、普通の冷房車で料金は同じ5ペソ(=$5)。

b0233441_15233220.jpg


海底トンネルを超え、モロ要塞を回り、しばらく草原の中を走った後に、いくつかのホテルに立ち寄って最後のバス停となる16番ポールHotel Sevillaに到着。
車掌が「サンタ マリーア」と停留所名を告げると、それまでだれ一人下車しなかった乗客の全員が降りてしまった。あわてて車掌にここはどこ?と聞くと「ビーチ。」

b0233441_15313795.jpg


つられて降りた吾輩は、みんなの後をついて行くことにする。

b0233441_15333179.jpg


5分ほど歩き、小高い砂の斜面を登りきると、突如カリビアンブールーが目に飛び込んできた。

b0233441_15353069.jpg


感動しながら、余り人気のないビーチを東に向かって歩きだす。

b0233441_15382446.jpg


まさかビーチに来るとは思ってもいなかったので、海パンはホテルに置いてきてしまった。
足を海水に入れてみると、ぬるい。
今まで経験したどの海水よりもぬるい。

b0233441_1540157.jpg


地元の人達に愛されているサンタマリア海水浴場は、観光施設が無いために観光客もいなく、静かで本格的なカリビアンシーを堪能できるお勧めのスポットです。

b0233441_15421351.jpg


1時間ほどのんびりした後は、またT3に乗って帰ることにしよう。
夕飯前の軽いエクササイズを。

b0233441_15463422.jpg


ブラブラとプンタ要塞を目指す。

このコースは整備の生き届いた歩道がイベロスター・パルケ・セントラルホテルから要塞の手前まで続いているので、お勧めの散歩道です。

b0233441_15492520.jpg


たった今撃った大砲からは煙が?
b0233441_1550955.jpg


イベロスター・パルケ・セントラルホテルの全景。
手前が旧館で奥が新館となり、毎晩ショーが開催されるロビーのある旧館が断然お勧めであります。

b0233441_15524286.jpg


入浴後、今夜もロビーでショーを楽しみながら夕食をいただこう。

b0233441_15541221.jpg
 

ショーは毎晩21時から開催されるので遅くとも20時には着席しておきたい。
ショータイムには館外からどっと客が押し寄せてくるので、吾輩は毎夜19時30分には飲み始めていた。

b0233441_15574726.jpg


サルサを聴きながら食べたエビの塩揚げは旨かった。

b0233441_1622779.jpg
 

ミュージシャンは毎夜変わるが、このチームは素晴しかった。

b0233441_1635147.jpg
 

モヒートも試してみたが・・・・・あまり旨いとは思わない。
キューバの野菜はかなり野趣あふれる味を出しているので、このモヒートの中に入れられたミントの香りもハッカっぽくないのが原因かと思う。

b0233441_1663376.jpg


吾輩が毎晩痛飲したのはハバナクラブの7年物である。
帰路に寄ったモントリオールのバーでもオーダーしてしまったほど気にいった。

写真は飲みほしたハバナクラブのコップ。
b0233441_1684543.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-08-24 15:08 | cuba

ハバナバスツアーT1からの風景

朝一番(9時)のハバナバスツアーT1コース5ペソ(5ドル)に乗ってみた。

乗客の大部分はスペイン語を話す人たちだ。
座席は2階左側最前列に座ることができた。

T1コースは海岸沿いを2か所巡るので、ベストポジションは2階右側最前列シートといえる。
b0233441_9315735.jpg



黄色いスクールバスは、後日トロント近郊で列車の中から目撃しているので、たぶんカナダからのお下がりだろう。

b0233441_934042.jpg


旅行記でよく見かけるモニュメントを2枚同時に撮ってみた。
内務省のゲバラ(左側)と情報通信省のカミュー(右側)

b0233441_9404771.jpg


ハバナバスツアーT1同士のすれ違い

b0233441_941557.jpg


ハバナバスツアーT1コースで行ける海水浴場はお勧めできない。
ビーチはゴミだらけだし、川からは汚染水がたれ流し状態。

ビーチのお勧めは、後日UP予定のハバナバスツアーT3コースにある。

b0233441_9455581.jpg



アメ車はデカイと思った。

b0233441_9464989.jpg


新市街の市民はオシャレで清潔そう。

b0233441_947499.jpg


キューバでは料理の味を期待できないという意見が多勢を占める中、吾輩もラー麺が食べたくなり中華街を目指す。

b0233441_10553363.jpg


中華料理店が軒を連ねるなか、定評のある最奥左側の店にしてみた。

b0233441_10565546.jpg


シャンハイフレーバーヌードル(8ペソ)
骨付きのトンカツが麺の上に乗っかっている。
麺もスープも日本の味を期待してはいけない。

奥の帽子はキューバ帽。街歩きに重宝した。(7ペソ)

b0233441_10584996.jpg


本日の夕日を見るため、徒歩でプンタ要塞を目指そう。

b0233441_110328.jpg


雰囲気と身のこなしからして、この女性は日本人ではないと思うよ。

b0233441_1113564.jpg


多くの芸術家を輩出しているハバナだけあって、見事な壁画である。

b0233441_1132766.jpg


徐々に斜光になってきたぞ。

b0233441_1135670.jpg


モロ要塞を望む(釣り人たち)

b0233441_1154328.jpg


モロ要塞を望む(犬たち)

b0233441_116932.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-08-23 09:48 | cuba

ハバナ1日目~2日目・旧市街を歩き世界遺産の概要を掴む

羽田を発って35時間。
同日の21時30分にハバナに到着した。

ハバナ6日間では強盗に出くわしたり、社会主義国にありがちなサービス業のお粗末さを体験したり、インド人気質にも似たハバナの人々の個性に触れ合ったり、カリブ海のカリビアンブルーに感動したり、ハバナクラブを十二分に堪能したりと、想い出多き旅となった。

b0233441_16105592.jpg


吾輩の荷物はキャビンバゲジオンリーなので、当然迅速に入国できる。
その結果、両替所にも1番乗りができ、何の苦労もせずにペソを入手できる。
しかし、チェックインバゲジのある旅行者の場合は、吾輩との間にタイムラグが生じてしまうのはやむを得ない。その結果、ホテルのシャトルに乗り込む頃から両替所の列が長くなっていた。

b0233441_16212516.jpg


ホテルは5星のイベロスター・パルケ・セントラルにしたが、実態は設備や従業員の接客を含めて考えると4星が妥当だろう。

b0233441_1624351.jpg


部屋は最上階にあり、眺めの良いスイートを予約しておいた。

b0233441_1624428.jpg


部屋から国会議事堂(右手のホワイトハウス似の建物)方向を眺望する。
目の前の森はパルケセントラルである。
この公園に向かって右手にハバナバスツアーのバス停がある。

b0233441_162632.jpg


入浴後、ホテルのラウンジに駆けつけて、クリスタルを注文する。
27年前に行ったスペインで乱発した「セルベッサ(ビール)ウノ(1本)ポルファボール(プリーズ)」でコンプリート。

b0233441_1630455.jpg


セルベッサを飲んで一息つくと、急に腹が減りだしてきた。
夕飯が未だだったことを思い出す。
ちなみにトロント~ハバナを結ぶエアカナダはLCCで、食事の提供は無く全て有料である。
金を出してまでまずい機内食を食べることはないというのが吾輩の持論。

ラウンジで注文できるハバナクラブサンドを頬張りながらクリスタルを流し込む。

b0233441_1636722.jpg


クリスタルはスパードライに似た切り口の味を出している。
クラブサンドの次は「クリケット」。
日本語でコロッケである。
このクリームコロッケは5ペソ(5ドル)と手ごろな価格の割には旨いので、滞在中は何度か注文することになる。

b0233441_16411730.jpg


2日目は地図を持たずに人の流れに沿って街を彷徨ってみよう。

b0233441_16524452.jpg


日差しは強いが湿気が少ないので、ビルの日陰を選んで歩けば汗をかかずにすむ。

b0233441_16541156.jpg


オビスポ通りは現在石畳の工事中で歩きずらいので、1本わき道にそれることにしよう。
散策中に時々強烈なアンモニア臭を嗅ぐことになるが、これがまたインドチックである。

b0233441_16555085.jpg


路地の分岐で見かけた古いPCは、味わいのある色使いだ。

b0233441_16574269.jpg


建物とクルマ、そしてカリビアンスカイブルーこそがハバナの観光資源である。

b0233441_170249.jpg


そろそろキューバ人を観察してみよう。
これはスペイン系の夫婦。

b0233441_1715022.jpg


サハラ以南の遺伝子を持つ人。

b0233441_1722544.jpg


カラクリ木箱を操りながらキューバンテクノロジーを自慢していたスペイン系の青年。

b0233441_1731280.jpg


コイーバの葉巻入れを売るスペイン系の女性。
吾輩はこの葉巻入れを万年筆ケースに流用すべく10本ほど購入した。
b0233441_1743264.jpg



鉄道もはずせない観光資源である。

b0233441_18522285.jpg


コンコースに潜入すると、椅子に腰かけた係員が「ノーフォト。」

b0233441_18531961.jpg


暗箱のオペレーターは吾輩の撮った彼の写真を見てビューティフォー!

b0233441_18545284.jpg



サイドカー付きのモーターサイクルは、USSR or USA製かは不明だが、水平対向エンジンからみて、BMWを模したUSSR製か。

b0233441_18561156.jpg



メキシコ湾に沈む夕日を見たくて。

b0233441_18581842.jpg



キューバの夕べは切ない。

b0233441_18595413.jpg



新市街を旧市街から遠望する。

b0233441_191571.jpg



現在20時30分。
南国のサンセットはかように遅い。

b0233441_1915788.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-08-21 16:30 | cuba

カナダに電話をかけたが・・・・・・

エアカナダのグループ企業であるエアカナダバケーションズで、8月フライトのトロント~ハバナ間の航空券とホテルバウチャーを2月に購入していた。

チケットが送付される期限を過ぎても届かないのでメールで確認したところ、ハバナの出国税の収受カウンターは廃止となり、3月1日より出国税は航空券に含まれることとなった。それ以前に航空券を買っていた場合は出国税の$32.63をクレジットカードで支払ってほしい。つきましては直接電話をいただきたい。



フリーコールで電話をかけたがネイティブさんの話はよく聞き取れない。


これは困った。
メールでの対応を依頼しても、残念ながら電話でしか解決できないという趣旨の返事が届く。


20年前にカナダで2年間働いていたという知人に相談したり、10年前にオーストラリアに1年間ほど留学していた知人に相談したり。

いずれももう忘れたので自信が無いとのこと。。


これは本当に困ったことになってきたと思い、webで解決策を探す。


ヒット!
KDDIの電話通訳というサービス。


このサービスは3者通話方式で、日本人の通訳者が先方と吾輩の逐次通訳をしてくれるというシステム。
料金は1分間492円。相手が電話に出た瞬間からカウントされる。

4,428円ほどの出費がかかってしまったが、この1週間の重苦しい思いを解決してくれたので安かったとしたい。
[PR]

by sekaihahiroi | 2015-07-21 10:23 | cuba

1か月前のキューバ旅費と早めの手配・その差額を計算してみる


以下、全て税・燃油等込みの料金

◎羽田~香港~トロント
キャセイパシフィックのビジネスクラス

1,562,120円(7/9)-317,990円(2月下旬)=1,244,130円
1,403,400円(6/4)-317,990円(2月下旬)=1,085,410円

3か月前は527,250円(5/11)

◎トロント~ハバナ
ハバナの5星ホテルのジュニアスイート5泊+エアカナダのエコノミー

CND1,815.16(2月下旬)
CND2,334.37(6/4)

ハバナの5星ホテルのジュニアスイート5泊は満室のため、エアカナダのエコノミー航空券代のみ
CND1,425.09(7/9)




◎トロント~モントリオール
VIA鉄道のビジネスクラス

CND268.94(7/9)-CND223.74(4月中旬)=CND45.24(×100円)=4,524円

2か月前CND411.32(6/4)
3か月前CND314.12(5/11)





VIA鉄道のビジネスクラスが値下をげた。
一方、キャセイパシフィックの値上がり額は124万円余りと、もはや現実的ではない金額にまで達した。
[PR]

by sekaihahiroi | 2015-07-09 16:11 | cuba

キューバツーリストカード

中1日でキューバツーリストカードが届いた。
ツーリストカードと呼称されているが、VISAと表示があるのでこれは本当はビザなのだ。

ただし、他国のVISAと違って、パスポートには貼付しない仕組みになっている。
米国を意識したキューバの優しさがこんなところにも表れている。

b0233441_12545164.jpg



こちらは領収書。

b0233441_12552589.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-06-27 12:55 | cuba

キューバツーリストカード取得費用

顔写真の焼き増し1枚 648円
レターパック2通 1,020円
キューバ大使館へ申請料5,600円
振り込み料324円

合計 7,592円也


米国との国交正常化で、ツーリストカードの廃止を含めた措置も視野に入れながら推移を注視してきたが、いよいよ出国1カ月余りとなったため、以下の理由により、キューバ大使館に確認の後、申請をすることにした。


もし、ツーリストカードが廃止になったとしても、観光立国であるキューバはVISAへ移行すると思われるので、経費削減効果は期待薄であること。

エアカナダへ問い合わせたところ、ACの機内で配布されるツーリストカードを日本人が使用する際は、領事館へ確認をとってほしいと言われたこと。

そのAC機内で配布されるツーリストカードを蛮勇を持って使用すことは不安を抱えながらの旅となり、せっかくのキューバ旅行に水を差す結果となること。

b0233441_17215855.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-06-23 17:06 | cuba

2か月前のキューバ旅費と早めの手配・その差額を計算してみる

以下、全て税・燃油等込みの料金

◎羽田~香港~トロント
キャセイパシフィックのビジネスクラス
1,403,400円(6/4)-317,990円(2月下旬)=1,085,410円

3か月前は527,250円(5/11)

※参考
羽田・成田~米国~トロント
JALのビジネスクラス1,085,670円(5/11)
ANAのビジネスクラス737,670円(5/11)
エアカナダのビジネスクラス629,050円円(5/11)



◎トロント~ハバナ
ハバナの5星ホテルのジュニアスイート5泊
エアカナダのエコノミー
CND2,334.37(6/4)-CND1,815.16(2月下旬)=CND519.21(×100円)=51,921円

3か月前より値下がりしたCND2,696.37(5/11)


◎トロント~モントリオール
VIA鉄道のビジネスクラス
CND411.32(6/4)-CND223.74(4月中旬)=CND187,58(×100円)=18,758円

3か月前CND314.12(5/11)


合計1,085,410円+51,921円+18,758円=1,156,089円


3か月前と比べてエアカナダが下がったが、他は圧倒的な値上がりを見せた。
特にキャセイパシフィックの値上がり額は100万円超と、現実的ではない金額にまで達した。
[PR]

by sekaihahiroi | 2015-06-04 17:12 | cuba

東京発最長直行便の距離を上回るフライト

TRIPGRAPHICSによると、日本からのダイレクト便の最長は、成田~メキシコシティーの6,990マイル。
吾輩のこれまでのノンストップフライトの最長は、成田~ロンドンの5,960マイル。


今年の夏旅の香港~トロント直行便はなんと7,287マイル(11,727Km)である。
香港を飛び立ったCX機は日本列島に沿って南から北上し、やがて千島、アリューシャン列島を通過後北極を超え、アラスカ上空からアメリカ大陸を南下し、一直線にトロントめざすことになる。


b0233441_13331315.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2015-05-30 13:33 | cuba