友と休暇村裏磐梯で

1年ぶりに隣県の友二人と落ち合い、休暇村裏磐梯でしこたま飲んできた。
b0233441_1436125.jpg

少し早めに休暇村に到着したので、チェックイン前に宿の周辺を散歩してみる。
b0233441_1438163.jpg

午後の裏磐梯は、だんだん光が長くなってきた。
b0233441_14395671.jpg

一度は熊殿と出会ってみたい。
b0233441_14412842.jpg

ゆく秋を惜しむトンボ殿。
b0233441_14431812.jpg

空が広いなー。
b0233441_1444156.jpg

誰もいないキャンプ場と磐梯山。
b0233441_14512189.jpg

光がますます長くなってきたと思ったら、ちょっと気温が下がったような気がした。
b0233441_14535885.jpg

西風の影響だろうか、そろって東側を向くアシの穂たち。
b0233441_1455541.jpg

オリオン座の三つ星・・・・・・・・とタイトル付けしてみた。(ナナカマドの実)
b0233441_14562697.jpg

小一時間ほど散策する頃には、うっそうとした森の中から今宵の宿が顔を出す。
b0233441_14585420.jpg

部屋の窓からは、たった今散歩してきたばかりの森が見える。
b0233441_1502626.jpg

今年の参加メンバーは、宮城県人と新潟県人と福島県人。徳島県人は残念ながら欠席。
夕食は17時半~20時までとのことなので、もちろん17時半から乾杯。

1,8Lの清酒持ち込み料は1,050円とのこと。
この料金で燗までつけてくれるので、清酒好きは経済的だと思った。
ちなみに不経済な吾輩はというと、中生を腹が膨れるまでお代わりし、
ビールが飽きた頃には焼酎の水わりに着手。
b0233441_1565123.jpg

おやじ客にもちゃんと笑顔で接してくれるので多謝。
b0233441_1583197.jpg

2次会は12時で切り上げたので、翌朝に行われた休暇村主催の早朝散歩にも参加できたのだ。
主催者代表あいさつを聴き入る参加者。
b0233441_15103068.jpg

あれこそは学術的にも希少価値であり、かの有名な・・・・・とは言わなかった。
b0233441_15134567.jpg

30分の散歩後にパクツク朝飯はうまかった。
特に、鯖と明太子はご飯が進んだ。
1年ぶりに会った友たちとはこの朝食会場でお開きとなった。
b0233441_15165813.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2011-11-13 15:17 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://anyouba.exblog.jp/tb/16853667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード