interesting シェムリアップ

TUK TUK ドライバーの収支

吾輩が泊ったホテル専属のTUK TUK ドライバーは、日給$10。
ただし、5時間未満のドライブの場合は$4。
この国の警察官の月給が$50だそうだから、お主は相当の高給取りじゃないか。
「ハイシーズンは、月20日の稼働も可能ですが、オフシーズンだと月のうち半分は自宅待機です。」

さらに、聞いてみると。
モーターサイクルは自前。
ガソリンやオイル、タイヤなどの消耗品も自前。
110ccのスズキは中古なので燃費がかなり悪く、バンティアイスレイまでの往復60Kmを2時間で走行すると、ガソリン代が$6もかかってしまう。
仕事は日の出から22時まで。
以前はレストランのウエイターをやっていたが、この仕事に満足している。
なぜなら、(客待ちの間)自分の自由な時間が捻出できるから。
1ルームの賃貸住宅に親子3人で暮らす彼の妻もレストランでコックとして働いている。

b0233441_15394114.jpg


彼はあまり良い顔をしなかったが、バンティアイスレイへ行ってみる。
その日は、$10でアンコールワットとバンティアイスレイのガイドを彼に引き受けてもらうことにした。
奥ゆかしいTUK TUK ドライバーのSokha君は、自分は歴史的な説明ができません。と、当初、辞退してきたが、どうせ吾輩も歴史は興味ないし、それよりインド人と違い人間ができているじゃないか。
ガイド料だとは考えず、チップだと思って自由に吾輩をガイドしてくれたまえ。
b0233441_1543754.jpg

似ている。
バンティアイスレイのこの寺院はどこかで見たような・・・・
b0233441_15473654.jpg

思い出した、ラオスとカンボジアの国境に近いラオスの世界遺産ワットプーにそっくりだ。

2010年8月に行ったワットプー
b0233441_1550385.jpg


この国は赤土なので、蟻も赤い。
b0233441_1555040.jpg


風が気持ちいいいぞー。
日本より断然涼しいぞー。
b0233441_15571446.jpg


でかい!
前方にデカイ物体を発見。
b0233441_15572695.jpg


追い抜きざまに振り返るとー。
凄い奴だった。
b0233441_15581610.jpg


バンティアイスレイからの帰路に、サンセットびゅーポイントがあるというので、行ってくれ!

果報は寝て待つ合理的な人々。
b0233441_1602812.jpg


行儀よく待つヤマトナデシコ。
その後続々と夕日好きな日本人がバスで詰めかけてきたので、退散することにした。
眼下に見える青いバスはH〇S。
b0233441_1604758.jpg


今回の旅で注目したことのひとつに、タブレットPCをカメラとして活用している人が多かったということ。
東アジア系の人が多かったように思う。
b0233441_1553548.jpg


ながら運転は市民権を得ているもよう。
b0233441_15403167.jpg


夜の帳が下りたパブストリート。
b0233441_1642295.jpg


大鉈で草を刈る人たちには、クメールの遺伝子を感じることができた。
b0233441_1654879.jpg


遺跡巡りはアドベンチャーツアー。
最低でもバックル付きサンダルを履きたい。
b0233441_1672462.jpg


ミャンマーで見かけたゴミ箱そっくり。
b0233441_16103762.jpg


葬式の行列にも遭遇。
b0233441_1611715.jpg


フィッシュマッサージはとてもくすぐったくて、吾輩はキャンセルじゃ~。
b0233441_1612567.jpg


おしゃれの誘惑。
b0233441_16172496.jpg


身だしなみ。
b0233441_16165487.jpg


かつての宗主国はフランス。
b0233441_16181743.jpg


淡水貝は、咳止めの効能があるとか。
b0233441_16175413.jpg


お菓子だろうか。
b0233441_16191375.jpg


interesting シェムリアップ!
b0233441_16184351.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-29 15:51 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://anyouba.exblog.jp/tb/20915394
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード