人気ブログランキング |

世界一美しい街ってどんな街だろう(アドベンチャーツアーその2)

ズミクロン35mm ASPHとNEX-6

元旦は所要時間が12時間のアドベンチャーツアーに参加。

カバシャム・ワイルドライフパーク(カンガルーやコアラの動物園)
ランセリン砂丘での4WD走行と砂滑り
ここまでは前回UP分

今回はここから
ピナクルス見学
ランチボックス付き

$215


ランセリン砂丘でインド洋を望んだ後は、いよいよピナクルスへ向かおう。

b0233441_176271.jpg



車窓から見えるランセリン砂丘は、まるで雪化粧をしたかのようだ。

b0233441_177849.jpg


ランチはLOBSTER SHACKというロブスターの撰別仕分けをしている撰蝦場で。

b0233441_17162572.jpg


大きさごとに仕分けしたロブスターを、ここから輸出している。
アラブの国々は大きければ大きい方が好きで、日本では小さい方が好まれるとか。

b0233441_17164372.jpg


ロブスターのバーベキューはオプション。
メインはツアーバスが運んできた冷えたチキンサンド。

b0233441_17182063.jpg


早々に食べ終えた吾輩は、インド洋へ散歩に出向く。

b0233441_17194593.jpg


浜辺には船を運搬するためのキャリアがぽつねんと。

b0233441_1720933.jpg


ダットサンのパトロールを発見。

b0233441_17212661.jpg


海風のダメージを受けてもさすが日本車は丈夫だ。

b0233441_17234523.jpg


西オーストレリアの漁村の風景。

b0233441_17233776.jpg



ピナクルス到着。

b0233441_1726462.jpg


韓国人の小さい女の子が「パパ◎◎◎ー」と叫んでいるので、吾輩もその彼女が関心を持つ方向を見てみると、中くらいのトカゲがいた。

その「パパ」に対し、ジャパニーズ・セイ・トカゲと説明すると。
「パパ」は、コーリア・セイ・トッゲ。

ラオスやカンボジアでは、トッケイという名で呼ばれていたトカゲの名前の由来を知ったような気がした。

b0233441_1725594.jpg


ピナクルスってどうだろう。

b0233441_17302764.jpg


広大すぎて特徴的な観光資源の少ない西オーストラリアでは、手ごろな観光資源ってところかなー。

b0233441_1732378.jpg


パースから250Kmもバスに揺られてきたので一応回ってみましたが・・・・。

b0233441_17324015.jpg



パースへ戻り目を付けていたレストランへ向かうと、元旦だからかクロウズ。
しょうがないのでホテルのレストランでディナーとしよう。

生ガキは旨かった。
あすは帰国なので、もし当たってもたぶん大丈夫だろうと3皿もお代わりした。

b0233441_17355894.jpg


ランチでは食べそこなったロブスターも喰ったぞー。

b0233441_17372723.jpg


本場のオージービーフも喰ったぞー。

さて、命題の世界一美しい街ってどんな街だろう。


真夏なのにインド洋からの風が心地よい。
親切で笑顔の素敵なパース人。
人口250万の大都市なのにもかかわらず、人口密度が少ない。
道路を走るクルマの少なさ。
商業看板や電線、電柱がない景観。
都心から1時間も走れば原野が広がる大自然。
高級外車を必要としない価値観。


自然を大切にし、多民族との調和を心がけ、他人に優しい国民性などが相まって、きっと世界一美しい街と言わしめたのであろう。
もう一度行ってみたい国がまた一つ増えた。

b0233441_1738370.jpg

by sekaihahiroi | 2014-01-12 17:32 | Australia