人気ブログランキング |

誰も教えない海外旅行英語

海外での唯一のコミニュケーションワードは英語だ。

だって、ミャンマー語を話せる?
チュニジア語を理解できる?



さて、問題は英語の構文をどうのこうのという前に、単語を正しく発音できるかということに尽きると思った。


例えば、誤った例を列挙すると

ANAを「アナ」

Asiaを「アジア」

Australiaを「オーストラリア」

いずれもローマ字読みをしてしており、英語ではない。
したがって、現地では通じない。



昨年末にパースの空港から市内へ向かうタクシーをシェアした。
その時簡単な自己紹介をすることになったのだが、同乗した青年医師が
I am from「モエジア」と言った。


英訳すると、I am from Malaysia.



aを「あ」と読むローマ字に対して、英語は基本的に「エイ」なのだ。
例外的に「オ」あるいは「ア」である。


だから、カタカナ語を英語と錯覚し、信じ込んで発音しても通じませんということになってしまう。
わが国の教育が悪いと言えばそれまで、しかし、もう取り返しがつかないわけだから、個々人がこの違いを認識して正しいコミュニュケーションを心がけるしかない。




そろそろ、懸命な旅行者はその共通項に気付いたのではなかろうか。



上記を英語で発音すると以下のようになる。

ANAを「エイナ」

Asiaを「エイジア」

Australiaを「オストレイリア」


マレーシアは「モエジア」が正しい。


b0233441_19492827.jpg

by sekaihahiroi | 2014-01-21 19:49 | Australia