人気ブログランキング |

ありがとうタイ人そして台湾人

5年ぶりにウボンの街歩きを堪能した。
日々のステップは1万歩オーバー。

ある日カナダ人と話していると、パトーカーが急襲し職質を受けた。
各々国と滞在日数を聞かれたわけだが、カナダ人の「滞在期間は4フルムーン」という返答が警察官は気にいらない。
4カ月とまともに応えろよと内心思い、変なものが出てきたら吾輩までも連行されるなと覚悟を決める。
という心配をよそに、「フルムーンを知っているか?」などと警察官を挑発し続けるおちゃめなカナダ人。
しかし、何とか誤解が解けて記念撮影に応じる警察官と、件のカナダ人である。
彼は不審人物とは思えないが、髭と帽子が疑惑を招いたようである。

b0233441_19421520.jpg


毎日通ったタイマッサージのレセプショニスト
b0233441_19451835.jpg


世俗的な関係を絶ったお坊さんは現在17歳だ。
しかし、スマホを愛用中なところが現代のお坊さんらしくて好感が持てる。
b0233441_1956193.jpg


毎夜通ったレストランのオーナーの奥さんはネイティブな英語を話す。
彼女のフェイスブックに吾輩の写真が載った。
b0233441_19575630.jpg


そこのレストランで働く彼女も17歳の高校生だが、労働の実態は酌婦である。
b0233441_19591417.jpg


17歳の子供でも脚線美はさすがタイ人。
b0233441_2021969.jpg


チップを自然に渡したくなる。
b0233441_2025288.jpg


多様な修行を積むお坊さんたち。
b0233441_205430.jpg


イギリス人からは葉っぱを巻いてもらった。
b0233441_2055411.jpg


自分の唾を付けて巻くが良いか?と。
b0233441_208957.jpg


台北のレストランではたまたま隣り合わせたファミリーの父親が、2次会に連れて行ってくれた。
b0233441_2084986.jpg


ホテルでは、日中英を話すレセプショニストに世話になる。
b0233441_20101688.jpg

by sekaihahiroi | 2015-01-04 20:10 | Thailand