人気ブログランキング |

ハバナ/キューバ 夢見るロングフライト

この夏の旅はキューバへ行きたいというおもいで、トロント(YYZ)までを押さえた。



今回の旅は、羽田(HND)から香港(HKG)へ飛び、太平洋を横断しカナダのトロントを目指す夢のロングフライトである。
羽田~トロントまで25時間ジャスト。さらにトロントから7時間45分、合計32時間45分の旅である。
なおこの時間は、香港での待ち時間5時間15分とトロントでの待ち時間4時間15分を含んでいる。


手遅れになる前のハバナを見ておきたい。
数年前にヤンゴン/ミャンマーへ行った。その時は未だ米国指導の経済封鎖の真っただ中だったので、素敵な街並みやオールドカー、そして質素な庶民の暮らしを垣間見ることができた。

今、キューバも米国とよりを戻そうと画策中のようである。
吾輩が生まれた当時の頃のキューバを見れるのも後わずかかもしれない。


HND~HKG5時間弱
HKG~YYZ15時間

未だ見ぬ国へのロングフライトはキャセイパシフィックのビジネスクラス。
B777-300ERのCは1-2-1の贅沢なキャビン。
年末年始に利用したエバーと同型の半個室、フルフラット。
シートピッチは200センチ超。
窓側は完全なソロ使用と、最新のCキャビンである。
マイレージはJALへ移行し、23998マイル。


b0233441_1958293.jpg



エバー航空もそうだが、アジアのキャリアは頑張っているなという印象を一段と強く持った。
カナダの旗艦、エアーカナダのCはライフラットシートと、一昔前の装備である。

キャセイパシフィックのHNG~YYZを飛ぶ77W
クリックして見てネ!プリーズ。
b0233441_2022314.gif


今までの最長は、成田~ロンドン12時間の記録を持つ吾輩にとって、15時間は最長不倒距離である。
b0233441_205042.jpg

by sekaihahiroi | 2015-01-25 20:04 | cuba