人気ブログランキング |

4週連続の安達太良山山行

10月18日(日)

今日は、3連休の混みようが嘘のようなロープウエイに誘惑されてみよう。
モンベルカードの提示で団体割引が適用となる。
b0233441_14251152.jpg


このコースを利用する登山者が多いので、突然あちこちに銀座が出現する。
b0233441_14271117.jpg


霧が濃くなってきた。
b0233441_14274866.jpg


でも、森林限界ラインを超える頃にはガスも晴れてきた。

ジャージ姿の女の子が懐かしいじゃあーりませんか。
今、日本の山には歩くマネキンがうじゃうじゃ徘徊している。
いつから日本の若者は個性を無くしたのかね。

もっとも30数年前は、老若男女のほとんどがジャージを着用していたのだが。
そんな中で、個性的な吾輩は好んでニッカーを愛用し、その後スラックス派に転じたのである。
冬の吾輩は、シンチラのパンツズボン姿が多かった。

歩くマネキンが闊歩している時代だからこそ、今、ジャージが新鮮だ。
b0233441_1429132.jpg


頂上直下の安達太良銀座には立ち止まらずに、牛の背を目指す。
b0233441_143026100.jpg


牛の背から馬の背方向を見る。
b0233441_14312123.jpg


今日は靴の上から白いテープを張り、苦痛に顔をゆがめる重傷者を見た。
救助の要請を宣言するかどうかを確認したところ、もうすでに要請済みとのこと。
その後2時間ほどでヘリコプターによって搬送されたもよう。
b0233441_14332937.jpg


雲がわく和尚山って夏っぽい。
b0233441_14372962.jpg


軽快に稜線をいく。
b0233441_14344439.jpg


防寒対策をしてさらに登る。
b0233441_1435458.jpg


馬の背に小銀座が発生。
b0233441_14392561.jpg


吾輩にとってはナナカマドこそが秋の使者。
b0233441_150862.jpg


汁が余っても捨てることができないので、山で食べるヌードルは小サイズにしておかないと。
b0233441_1533540.jpg


前述の怪我人と遭遇したりしながら下ると、ほどなくくろがね小屋に到着。
ソーラーパネルがずいぶん増えたなー。

静寂性の観点からこの小屋は、年休を取って真冬の金曜泊りがベストだろう。
b0233441_156015.jpg


銀名水でのどを潤してから気が付いたが、この水は放射線の影響はないのだろうか。
b0233441_1574694.jpg


対岸に行く秋を惜しみつつ歩を進める。
b0233441_1585312.jpg


この4週間に行った6回の山行で、冬山へ向けた基礎筋肉が付いたかななどと思いながら、気だるい大腿四頭筋に満足している。
b0233441_15102186.jpg

by sekaihahiroi | 2015-10-19 15:10 | 山行