男だったらいつかはロレックスブルーサブマリーナ

ロレックスブルーサブマリーナ16613を、2000年に60数万円ほどで新品を購入した。
ところが、後継機の青サブの不評も反映して、現在の16613の中古市場の価格は100万円~150万円である。
こうなると、投資目的で10本も買っておけばよかったとは、誰でも思うことであろう。


このところのセイコーダイバーズの人気の要因は、あまりにもロレックブルーサブマリーナが高騰し、手が届かなくなってしまった結果の代償行為のようである。


品質重視といういいわけまでを考えて、あえてセイコーダイバーズを神格化し、自己の代償行為を正当化しようとするいじらしさは理解できるが、青サブのオーナーとして、男だったらりロレックスの1本くらいは所有してほしいと思う。

そして、ロレックブルーサブマリーナは皆が思っている以上に所有欲を満足させてくれる芸術品でもある。

b0233441_1944162.jpg



2016年元日、北海道にて

b0233441_200038.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2016-02-04 19:45 | 腕時計 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://anyouba.exblog.jp/tb/25327517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード