ディスカバージャパン/5月の陽光輝く栃木市

GW前半に思い立った栃木市への旅は、新幹線の予約から始まった。

b0233441_12565709.jpg
JR北海道管内のチケットもJR東管内で入手できるようになったため、「えきねっと」の恩恵を多少感ずることができるようになった感がするが、欧米のようなEチケットシステムを導入できれば完璧だろう。
b0233441_12561389.jpg
東北新幹線の小山駅には、かつては「あおば」という愛称で運行していた各駅停車の新幹線鈍行で行くことになる。
それぞれの停車駅では、「列車待通過待ちのため3分ほど停車します。」と、カレチさんの昔懐かしい車内放送が聞ける。
b0233441_13033442.jpg
初めて乗車する両毛線で、もちろん栃木駅も初利用。
郊外の駅舎を想像していたから驚いた。
b0233441_13065240.jpg
駅を出て巴波川(うずまがわ)を目指す。
趣のある教会だ。
b0233441_13082363.jpg

栃木といえばかんぴょう。
中国産のかんぴょうを売っている店もある中で、この店は県産品を安く扱っているとか。
b0233441_13115023.jpg
ここは巴波川の舟運を活用し、商人町として繁栄した。
b0233441_13113650.jpg
船頭さんから歴史を学び、最後はノドを披露してもらって20分ほどの舟くだりを堪能した。
b0233441_13172010.jpg
クルーズの後はぶらぶらと街歩き
b0233441_13225815.jpg
ランチはYAMATO Parlour Tochigi。

b0233441_13240696.jpg
時はちょうど12時なので満席。
急な階段を上り2階にある待合所へ。

b0233441_13261065.jpg
しゃれた待合室で30分ほど待つ。

b0233441_13293389.jpg
今秋でネオパン100の製造中止のニュースがあり、急きょ5本ほど購入した。
かつてSLマニアだった頃、父のニコンFに50mmf1.4をつけてネオパンSSで東北や北海道のSLを追ったが、伝統のフィルムが消えるのは寂しい限りだ。
b0233441_13304850.jpg
古の街、栃木をライカM6にズミクロン35mm、そしてネオパン100で撮る旅。
レストランでは、メイン機材をRX100とCarl Zeissで撮ってみた。
b0233441_13375639.jpg

potato

b0233441_14390866.jpg
Deep-fried koji style of chicken with Bamboo rice
b0233441_14400665.jpg
デザートは近所の冨士屋で。
b0233441_14470009.jpg
和菓子好きにはたまらんだろう。
b0233441_14471427.jpg
あんこは苦手。
b0233441_14472962.jpg
さらにオールドタウンを行く。
b0233441_14520970.jpg
5月の陽光輝く栃木市の鯉のぼりと古街道。
b0233441_14534916.jpg
懐かしい佇まいを見せる河川。
b0233441_14541114.jpg
土産はmade in Japanの・・・・。
b0233441_14544957.jpg
革製山靴の掃除用として、ザ30号たわし。
b0233441_14555061.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2018-05-07 13:16 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://anyouba.exblog.jp/tb/28299371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード