人気ブログランキング |

2012年 05月 01日 ( 1 )

ルートタクシー

まだ4/30だというのに、8月初旬のANAバンコク行きがもう満席らしい(同社HP予約サイトより)
b0233441_17385198.jpg

あたり前かもしれないが、B777-300ERビジネスクラスは、ANAもエディハドも似たような設計になっているようだ。
b0233441_17403384.jpg


エディハド航空にはフード&ビバレッジ担当マネージャーなる専門職が搭乗していて、
「ダイニングのエキスパート「フード&ビバレッジ担当マネージャー」が、心を込めて皆様のお食事のお世話をいたします。」とのことなので、ラウンジでの飲み食いを控え目にしよう。

グレーの制服がその担当者だね。
b0233441_1813195.jpg


物価の高い湾岸諸国の旅行記(4T)を拝見すると、みなさん大名旅行なのであまり参考にならない。
一例をあげると、
「日帰りの砂漠ツアーが2人で450ドル。」
「マスカットの5星ホテルで食べた中華が2人で38,000円だった。」
などと、産油国にあっても自分なりの価値観で旅行をしようとする吾輩にはネガな情報にすぎない。
b0233441_1842277.jpg


オマーンにはルートタクシーという乗り合いタクシーがあって、イメージとしてはチュニジアのルアージュのようなもののようだ。
しかし、原則としてルアージュは、ルアージュステーション間を結んでいるのに対し、ルートタクシーは普通のタクシーのようにどこでも乗り降りが可能のようである。
乗客をみても、ルアージュは一般の国民が利用しているが、ルートタクシーの乗客はインドやパキスタン、フィリピンなどからの出稼ぎ労働者だということなので、運賃が安いという最大のメリットがある。


で、吾輩は考えたことは、前述の大名旅行者が見向きもしない「ルートタクシー」を検索語とすることである。
ずばり、バックパッカー的な旅行記に遭遇することができたのである。


ルアージュ
b0233441_17562294.jpg

by sekaihahiroi | 2012-05-01 18:22 | Oman