人気ブログランキング |

2013年 02月 04日 ( 1 )

「健康寿命」までいかに楽しむか

健康寿命の70歳までの残された期間はもちろん人それぞれ。
しかし、それまでの間をいかに上手に楽しむかは共通の関心事である。


2台目モーターW650
b0233441_11132347.jpg

今月号のバイク人では、「ずっとバイクに乗り続けたい」という特集を組んでいた。
人生の先輩たちがさまざまなバイクで楽しんでいる様子はほほえましい。


初代モーターZRX1200R
b0233441_11134192.jpg


吾輩は、今夏の北海道ツーリングを計画しているわけだが、バイクで長距離を走れる時間はそう長くはないと判断したため、今夏の北海道ツーと相成った次第であります。


W650
b0233441_11135663.jpg


航空機だってじつはこの辺のことがあって、昨年まで憑かれたように海外へ行っていたのであります。
高齢者が航空機に乗るのは心臓に負担がかかるらしいんだよね。

W650
b0233441_11141641.jpg


まだまだやり残していることはあるのだけれど、全てを実行するのはもはや時間的に不可能である。
だから、当面は慣れ親しんだことを継続して行くことがグッドだと思っている。

ZRX1200R
b0233441_1639550.jpg





介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間を示す「健康寿命」を厚生労働省が初めて算出、2010年は男性70・42歳(10年の平均寿命79・55歳)、女性73・62歳(同86・30歳)になったとする結果を1日、専門家でつくる厚生科学審議会の部会で示した。(ウイッキーペディア)

by sekaihahiroi | 2013-02-04 10:55 | アニョーバの世界