カテゴリ:Cambodia( 30 )

土産は帰国便で

このところ年末の旅のプランニングをしていたため、すっかり来月のカンボジアを御無沙汰していたが、そろそろ夏旅モードへ切り替えなくてはならない。

そこで、娘が希望する土産を、前回から恒例となりつつあるANA免税品機内販売のプリオーダーを利用して手配した。


吾輩 様

いつもANAをご利用いただき、ありがとうございます。
下記受付番号にてお申し込みをいただきました商品のお取り置きができました。

受付番号:
日付:08/
便名:NH0932

■エルメス ジュール ドゥ エルメス
お申し込み数:1/お取り置き数:1
単価:8700円 小計:8700円

■タリカ リポシル エキスパート(2本セット)
お申し込み数:1/お取り置き数:1
単価:7900円 小計:7900円

■合計額:16600円

~商品のお受け取りについて~
お申し込みの旨を客室乗務員にお知らせください。
お座席まで商品をお持ちします。

ご搭乗をお待ちしております。

b0233441_19522847.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-07-31 19:43 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

ベトナム航空機内持ち込み手荷物

お客様の機内持込み手荷物の許容量は以下のとおりです:ビジネスクラスではバッグ2個、エコノミークラスでは1個までとし、重さはひとつにつき7kgまで、3辺の合計が115cm(56cmx36cmx23cmあるいは22x14x9インチ)を超えないこととします。お客様の手荷物が、上記規定の量、重さ、3辺の合計を超えている場合、ベトナム航空は手荷物としてのお預かりを拒否し、受託手荷物として預けていただくよう要求する権限を持っています。




機内持込み可能なほかの荷物について
機内持込み手荷物に加え、個人の管理の下、追加料金無しで持込み、持ち出しのできる物品は以下の通りです:

ハンドバッグ、ポケットブック、女性用財布、荷物としては扱われない通常の衣服
コート、はおりもの、ブランケット
傘、杖(先の尖った金属製のものを除く)
ノートパソコン、小型カメラ、双眼鏡
機内での読み物
赤ちゃん用食事
赤ちゃん用キャリーバスケット、バシネット
折りたたみ車椅子
松葉杖、装具、ほか必要とされる人工装具

b0233441_740223.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-07-23 07:40 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

ANA8月機内食

 それほど期待しているわけではない機内食だけど、今回は「脂がのったはまちを、味噌、醤油、みりんのたれに漬け香ばしく焼き上げました」に誘われて和食にしようか、それとも「」柔らかく上品な味わいの鱸に、日本の伝統野菜大和真菜を添えて。」に誘惑されて洋食をたのもうか。

 期待していないと言いつつ今から迷っているようでは、本当は楽しみにしてるんじゃないのと誤解を受けかねないので、CAさんからメニューをもらった時の気分で決めることにしよう。

 でも、味の方は本当にそれほどではないと思うよ。
強いて言えば、アラサーぽい大人な美人CAさんが笑顔で給仕してくれるので、それだけは救いだね。


 ラウンジではスーパードライの生がおいしくてついお代わりをしてしまいがちだが、今回も鉄の意思で3杯までとしよう。
ちなみに、成田も羽田も世界共通のブッフェスタイルだけど、生ビールのセルフサーバーを体験できるこれらのラウンジは貴重であるよ。

b0233441_7475239.jpg



ANA8月機内食ホーチミン着

洋 食
アペタイザー
サーモンリエットのガトー仕立てとポルチーニ茸のキッシュ
サーモンのリエットと、ポルチーニ茸が入ったキッシュを盛り合わせました。
マリネした野菜とともに、多彩な味わいをお楽しみください。

メインディッシュ(どちらか一品をお選びください)

・ 国産牛のハンバーグステーキ たっぷりトマトのガーリック風味ソース [454 kcal]
国産牛の旨みを凝縮したジューシーなハンバーグです。
トマトソースとの相性が抜群で、添えたガーリックのフライが食欲をそそります。

・ 鱸のソテー 大和真菜のソテーとピューレソースとともに [307 kcal]
柔らかく上品な味わいの鱸に、日本の伝統野菜「大和真菜」を添えて。
大和真菜はソテーだけでなく、風味豊かなピューレソースにも用いています。
サラダ
ガーデンサラダ
ブレッド

デザート
おもっちーず(チーズ風味のやわらかいお餅)

b0233441_892655.jpg


和 食
前 菜
湯葉山椒煮  
蟹小袖寿司 
出汁巻き玉子  
鱈子昆布巻き 
主 菜
はまち味噌幽庵焼き 俵御飯 [497 kcal]
脂がのったはまちを、味噌、醤油、みりんのたれに漬け香ばしく焼き上げました。
蓮根のきんぴら、オクラ、滋賀県特産の赤こんにゃくの旨煮などとともに。
味噌汁、香の物

デザート
おもっちーず(チーズ風味のやわらかいお餅)

b0233441_743830.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-07-04 07:47 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

オートチェックインの際にラウンジインビテーションカードは?

ANAへ問い合わせた

オートチェックインをし、受託荷物なしの場合は保安検査へ直行できる。
その際、ラウンジインビテーションカードをどこで受け取るのか?



ANAからの回答

ビジネスクラスにて
「オートチェックイン」含めチェックイン済みの場合
ラウンジの受付にて、搭乗券の提示、またはモバイル搭乗券
およびパスポートをご提示いただきましたら、ラウンジを
ご利用いただけますので、ラウンジインビテーションカードは不要です。


b0233441_17424891.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-06-20 17:41 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

危険な世界遺産「プレアビヒア寺院」がおもしろい

塹壕が掘られ、武装した兵士が守る「プレアビヒア寺院」は、シアムリアプ(カンボジアを知るための62章の表記)から往復10時間ほどのところに位置するスーパーホットな世界遺産である。

タイ軍とカンボジア軍が睨み合う、いわば戦場のような世界遺産はInteresting!



外務省海外危険報カンボジア版
b0233441_9151161.gif


外務省海外危険情報タイ版
b0233441_916891.gif



「カンボジアとタイの国境付近に位置し,2008年7月にユネスコ世界遺産に登録されたカンボジアの「プレアビヒア寺院」(タイ側呼称:カオ・プラ・ウィハーン遺跡)周辺地域においては,両国が主張する国境線の違いを巡って,2008年10月以降,カンボジアとタイ両国軍の間で発砲を伴う衝突がたびたび発生し,民間人にも死傷者が出ています。(外務省)」
[PR]

by sekaihahiroi | 2013-04-29 09:16 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

ANA無料手荷物許容量がスケールダウン他

ANA無料預け荷物の外寸が、オールクラスで変更になる。
5/31発券までは、3辺の合計が203cmまで
6/1発券分からは、3辺の合計が158cmまで
差は45cm。


今年の夏旅から、スーツケースの買い替えをせざるを得ない人も出てくるだろう。
オスプレー メリディアン22 の外寸は余裕でセーフ。


重量の変更はない。


個数は、ファーストクラスとビジネスクラスの変更は無し。
しかし、エコノミークラスが2個から1個となった。
エコノミークラスを利用するケースで、土産を別梱包とするような場合は要注意である。

ビジネスとエコノミーを乗り継ぐ場合は、当然エコノミーの制限に対応したパッキングを心がける必要がある。

b0233441_15323135.jpg




b0233441_6124525.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-04-26 15:32 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

孤児院に行こう

シェムリアップにもたくさんの孤児院があるそうだ。
国民の二人に一人が18歳未満だというカンボジアで、吾輩は孤児たちの爺ちゃんになってこようと思う。

どうせなら、NGOなどが運営していない極めてローカルな孤児院を訪問してみたい。
机の片隅に眠っている文房具を、とも考えていたが、未就学児童もたくさんいるようなので、
ここは奮発してクレヨンやスケッチブックなども持参しよう。


ただし、チョコレートをあげるのはよくないらしい。
子供たちにチョコレートの味を教えることは罪悪だからとのこと。


時間があれば井戸掘りのボランテアも引き受けたいのだが。

※友人の皆さんの中で、子供のころに使ったたて笛等で不要になったモノを、カンボジアの子供たちに寄贈したいという方がいれば吾輩まで送ってください。


アンコールワットの地に行っても、吾輩はたぶん地元の人々との触れ合いを優先する旅となるであろう。
そんな気がしている。
[PR]

by sekaihahiroi | 2013-04-18 19:52 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

ホテル探し

ホテル探しも実は楽しい。

吾輩のホテルの選び方は、まず、トリップアドバイザーで人気のホテルのアウトラインを掴む。
次にBooking.comでそれらのホテルを「検証」する。
そして候補を2つ位に絞り、実際にそれらのホテルにメールで質問をしてみる。

レスポンスの良さや、返答の内容をもとにして最終的に総合的な判断をする。

Dear Sir 吾輩,

Warm greetings from 〇〇〇hotel.

Thank you for your mail.


The rate includes:

- Accommodation in deluxe room with private balcony
- Breakfast and taxes
- Airport, boat or bus station transfers (two ways)
- A tuk tuk with driver during your stay (around Angkor and town). Available from morning (sunrise) until 10pm

Warm regards from Angkor,

◆◆ manager

専属のトゥクトゥクが夜明けから22時まで無料で利用できる・・・・・good!

b0233441_16592194.jpg





b0233441_172853.jpg

モノを買うのと一緒で自分なりの「納得」が大事なのだ。

b0233441_16593894.jpg

さて、今回の旅ではどうかというと。

b0233441_1732783.jpg

シェムリップのホテルの中で、トリップアドバイザーで1番人気のホテルはもう残り1だったりして焦るが、とりあえずこのこじんまりとしたホテルを4ナイト中3ナイト押さえた。

b0233441_16595754.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-04-08 17:04 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

Indochina peninsula

インドシナ半島訪問の記録

2010年8月
タイ
ラオス

b0233441_13401086.jpg

インドに疲れ果てた吾輩は、ラオスの微笑みを知りたくなり、タイのウボンラチャタニを経由してパクセーへ抜け、その後空路でルアンパパーンを目指した。
b0233441_13301343.jpg


2011年8月
タイ
ミャンマー

ラオス人の暖かい眼差しに感銘を受けた吾輩が次に思いついたのが経済統制下にあったミャンマー。
世界最貧国といわれるミャンマーでの暮らしぶりを目の当たりにする。
b0233441_1331595.jpg


2012年12月
ベトナム

インドシナ半島最東端のベトナムには微笑みはあるのだろうか。
それを知るための旅だった。
b0233441_13343086.jpg


2013年8月
ベトナム・カンボジア(予定)

いよいよインドシナ最後の訪問国となるカンボジアの人々との触れ合いを楽しみにしたい。

















❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤
[PR]

by sekaihahiroi | 2013-04-06 13:34 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

魅惑の国境越

ベトナムとカンボジアの国境を陸路越えという誘惑がまた出てきた。
外人と現地人との混合乗車バスで一路国境を目指す旅。

Sai Gon - Phnompenh
Departure Time :06:30
Prices shown below may be subject to change due to departure date.
Unit Price : 10.00USD


しかし、ここはやっぱりサイゴンだよ。
南の意地だね。

❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤

2010年8月タイとラオスの国境越え

タイ側イミグレーション(出国直後)
手前の女官が見ているディスプレイはパスポート情報である。
個人情報保護という神経質な考えは反故です。
b0233441_1730483.jpg


国境
b0233441_17333946.jpg


ラオス側イミグレ
のんびりとした風景とは異なり、ラオス入国審査官からしっかり賄ろを要求されたのだ。
卑怯な入国審査官は、吾輩のパスポートを人質にとっての要求だから抵抗しようがない。
b0233441_17312554.jpg





❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤❤
[PR]

by sekaihahiroi | 2013-04-02 17:32 | Cambodia | Trackback | Comments(0)