人気ブログランキング |

御池~燧裏林道~三条の滝~見晴~白砂乗越~尾瀬沼~沼山峠 One Day Hiking 27.9Km  31,688Steps

今回のコースは、「あのころ」の夏旅を再現すべく、御池~燧裏林道で三条ノ滝~見晴~白砂乗越~尾瀬沼~沼山峠を日帰りで挑戦する旅だ。

山を始めて2年目の友人を連れて、コースタイム(8時間35分)以内で完全走破が目標。

お主やるのー!
御池の土産物屋にて面白いから購入した。

b0233441_14335974.jpg


長年愛用したツエルト(左)を今回運転してもらう友人にプレゼント。
右は最近のツエルト。

b0233441_14371276.jpg


6月1日は御池ロッジに前泊のため、のんびりランチでもと有名な「牛乳屋食堂」で牛乳ラーメンなどを。

b0233441_14392290.jpg


御池ロッジ到着。

b0233441_14404847.jpg


部屋は個室でシャワートイレ完備、展望風呂までもある。

b0233441_14422156.jpg


浴衣もあるが体調管理のためパジャマは必携。

b0233441_14443862.jpg


夕食前の散策を楽しんでいると・・・・・事件発生。


b0233441_14455223.jpg


警察や消防の車両、上空には低空飛行のヘリコプター。
東北以北では最高峰の燧ケ岳と、会津駒が岳で同時多発遭難が発生


b0233441_14571955.jpg


しかし、タイムアウト。捜索は明朝に持ち越された。
前泊時の夕食はヤマメがメインで、2年前にも十二分に堪能した味覚だ。


b0233441_15002521.jpg


翌朝は4時起きで前夜に用意された朝食をお茶で流し込む。


b0233441_15012581.jpg


救助に向かう捜索隊を燧ケ岳の登り口で目撃。


b0233441_15051003.jpg


昨夜は霜が降りた。


b0233441_15063163.jpg


霜を纏ったコバイケイソウを見つめていると不吉な思いがよぎる。


b0233441_15073842.jpg


霜に覆われた木道を快調に進むと・・・・エクシデントが多発!


b0233441_15090777.jpg


歩き方に慣れていない友人がズデーンと、3度ほどひっくり返る。
怪我がなかったからよかったものの「キミは本当に雪国の人かね」と、本音で注意を促す。


b0233441_15113510.jpg


出発の時刻を写真で記録しなかったが、ベゼルで5時15分だったことが確認できた。


b0233441_15164534.jpg
こんもりしたブナの森がかわいい。
b0233441_15180520.jpg


6時ノメリ田代通過。


b0233441_15190247.jpg


6時20分出戸深沢通過。
道には残雪無し。


b0233441_15290832.jpg


6時40分
天神田代通過。


b0233441_15310093.jpg


裏燧橋通過。


b0233441_15341820.jpg


「あのころ」も大変だったことを思いだしながら急峻な崖を下って三条ノ滝を目指す。


b0233441_15403132.jpg



8時25分三条ノ滝到着。


b0233441_15422792.jpg


小休止後、温泉小屋を目指す。
この小屋は前回(「あのころ」)のスキーツアーで利用したが、エピソードがある。

GWにはヒロシ君とヒデオ君の3人でスキーで至仏山を目指した。
御池の駐車場からスキーを履き、裏燧林道コースで赤田代の温泉小屋を目指した。
翌日は、快晴の尾瀬ヶ原を快調にスキーを滑らせながら縦断し、昼過ぎには至仏山の頂上に達した。
昼食後、いよいよシールを外して滑降である。ところどころモナカというコンディションに悩まされ、転倒しながらも原まで滑り降りた。シールを装着し、尾瀬ヶ原を縦断し温泉小屋に到着したころは真っ暗だった。
小屋番が「遭難したかと思ったぞ。」と、大変心配させてしまった。

翌朝事件が起きた。
昨夜遅く小屋に到着後、ヒロシ君はスキーのシールを外さずに寝てしまったため、シールの粘着力が極端に低下してしまい、小屋を出発時にはシールをスキーに装着できない事態になってしまった。
しょうがないのでヒロシ君は細引きをスキーのトップの穴に通し、一方を腰に巻きつけてツボ足で裏燧林道を縦断することになった。
遅れるヒロシ君を気遣いながらなんとか御池に到着したころはまたもや真っ暗闇であった。



b0233441_15462005.jpg


原に出てからは今までとは違い、旅人が急増した。


b0233441_15483812.jpg
原から残雪の至仏山を望む。
「あのころ」はスキーで尾瀬ヶ原を抜け、至仏山を極めた。
カメラマンは前述のズデーン君。
b0233441_09450908.jpg
見晴到着。
b0233441_09484439.jpg
10時5分見晴通過。
ここまで4時間50分。
コースタイムでは4時間15分なので、三条ノ滝での休憩を入れればほぼオンタイム。
b0233441_09491807.jpg
いやな白砂乗越では、とうとう友人が音を上げた。
11時50分沼尻休憩所通過。
b0233441_09534323.jpg
満開の千島桜。
b0233441_09575886.jpg
静かな尾瀬沼北岸を行く。
b0233441_09592513.jpg
12時35分長蔵小屋到着。
b0233441_10041725.jpg
フォトジェニック!
b0233441_10060622.jpg
長蔵小屋内部見取り図。
b0233441_10071701.jpg
ランチはこの小屋でカレーうどんを。
友人が言うには、こんなところでカレーうどんが食べれただけで幸せと思えば幸せだと。
b0233441_10090241.jpg

1本の羊羹を山行に持参するスタイルは、湊かなえの山岳小説で有名になった。
食べ終えた羊羹をパッキングする旅人。
b0233441_10132421.jpg
東北以北最高峰の燧ガ岳を遠望する。
b0233441_13041263.jpg
原では水芭蕉は終了。
沼でもそれほどでもない。
b0233441_13051605.jpg
14時沼山峠着。
8時間45分に渡る長旅はこれにて終了。
コースタイムの8時間35分に対し、途中の休憩時間を差し引けば上出来だ。
b0233441_13073576.jpg


by sekaihahiroi | 2018-06-20 14:45 | 山行

山では昔取った杵と柄は通用しない

今日のタイトルは名言である。

これは、30年来の知人である某山の小屋番からの忠告。
b0233441_16043497.jpg

by sekaihahiroi | 2018-04-20 16:06 | 山行

13日の金曜日はくろがね小屋で

ボッカさんは、前くろがね小屋支所長のS氏。
彼は、厳冬期の頂上直下での人命救助で叙勲を賜っているが、私の記憶では3代前のN氏に次ぎ2人目の叙勲だった。
b0233441_15111608.jpg
相変わらずの健脚である。
b0233441_15130051.jpg



4月13日金曜日

週末のくろがね小屋は混み合うので1日ずらす作戦。
良くしまった雪道は舗装道路のようで以前から好きだ。
b0233441_13330435.jpg


2年前から山を始めた知人を連れての残雪期の安達太良山。
山形のモンベルで冬山装備を買い揃えてきた知人だが、クランポンまでも買い揃えてきたのには驚いた。
新調したこのポールは体重をかけすぎたせいかよく縮むらしく、知人は「タイム」を連発。

しかし、急登時のみに連呼していたことを考えれば、「靴ひも締め」と同様の効果を期待していたのかも?
b0233441_13373392.jpg


安達太良山の主峰乳首山が木立から覗ける。
b0233441_13472643.jpg

山道を登りながらくろがね小屋のSさんが現役の小屋番だったころに思いを寄せる。
当時、この狭い登山道にきれいなシュプールを描いたくろがね小屋のSさんだが、
登りの途中で、このシュプールに出会うと、彼の下山は確定的となった。
b0233441_13492741.jpg


登山道を登り切り、馬車道に出る。
b0233441_13504898.jpg


積雪が増えてきたが、快適な山旅である。
b0233441_13521379.jpg


勢至平に出る。
右下にある休憩岩と命名している岩で、パタゴニアのナノパフフーディーを纏う。
b0233441_13585342.jpg



残雪期のルートで唯一緊張するくろがね小屋手前東斜面のトラバース。
b0233441_14020268.jpg


時刻は15時を少し回ったころ。
雪が締まってきた。
ピッケルを持参すべきだったと多少後悔するが、初心者と一緒なので仕方がなかった。

今回の山旅ではロングスパッツは未装着でもOkey!

山靴はフルオーダーで作ったICI石井のムスターグ。
現在は8万円余り、納期は2年後とのこと。
b0233441_14035446.jpg
くろがね小屋が見えてきた。
この光景は何度見ても感動である。
b0233441_14102931.jpg
チェキンは15時30分過ぎ。
b0233441_15095171.jpg
ほとんど何も変わっていない。
b0233441_15182609.jpg
携帯の充電設備が夏用入口のそばに設置された。
b0233441_15195477.jpg
今宵のOur room。
b0233441_15191525.jpg
部屋から鉄山を望む。
b0233441_15221138.jpg
何も変わらないOur roomの天井。
b0233441_15241090.jpg
カーテンを閉めれば「個室」に早変わり。
b0233441_15243009.jpg
長年連れ添ったグランテトラ。
b0233441_15260391.jpg
夕食前のリラックスタイム。
b0233441_15262487.jpg
17時30分。
歴代の小屋番が作るカレーライスは多少「味付け」が異なった。
自炊だったころを懐かしみながらおいしいディナーをほおばる。
b0233441_15272328.jpg
夕食後は21時まで歓談。
b0233441_15314290.jpg
朝食にシチューが追加された点がうれしい。
b0233441_15584288.jpg
好天の朝を行く旅人達。
b0233441_15590277.jpg

by sekaihahiroi | 2018-04-16 13:41 | 山行

sbbn031を登山で使う

ビバ春山!
春山ジョイ!


23,560 Ssteps
17.15 Km
晴天の安達太良山で、四半世紀以上前の雑誌で見た懐かしいフレーズを口ずさむ。
新調したノースフェイスのカイルス35は、軽くて背中の蒸れがなく快適だった。

毛糸の帽子は持参したが、3季用の帽子を忘れたため、タオルをねじり鉢巻きしたところ、ひたいが2色焼けし、頭頂部はヒリヒリ日焼け。

b0233441_17433637.jpg


SBBN031も山では初めて使用するが、アウトドアでこそこの時計の真価が発揮される。
b0233441_17465840.jpg


6時間に渡る山旅だった。
写真は全てiphone 5s
b0233441_17474436.jpg

by sekaihahiroi | 2016-04-17 17:47 | 山行

5週連続の安達太良山・鉄山

10月24日(土)

①スキー場のレストハウスから計測し、勢至平の鉄山ビューポイント到達まで53分。
b0233441_14271572.jpg


上記ビューポイントとは、この岩のあるところを指す。
b0233441_14282870.jpg


カラマツが黄金色に染まった。
b0233441_14402956.jpg


②①から勢至平と峰の辻分岐まで15分(小休憩を含む)。
b0233441_14314882.jpg


すっかり葉を落としていた(峰の辻コース)。
b0233441_14325443.jpg


ナナカマドの実の先に見えるのが、今日の旅の目的地である鉄山(峰の辻コース)。
b0233441_14343891.jpg


③②から峰の辻まで55分(小休憩を含む)。
b0233441_14371530.jpg


快調に稜線を目指す。
b0233441_1438934.jpg


牛の背を行く登山者たち。
b0233441_1453178.jpg


④③から20分で強風の稜線に出た。
b0233441_14391941.jpg


強風に飛ばされる女性たち。
b0233441_1452660.jpg


稜線は昼でも斜光。
b0233441_14415529.jpg


馬の背からくろがね小屋を見下ろす。
b0233441_14425699.jpg


強風で飛べない蝶が足元に佇む。
b0233441_14435432.jpg


かつて沼尻から登り始め、馬の背を超えてくろがね小屋を目指すルートと、
くろがね小屋から馬の背、牛の背、安達太良山を目指すルート、あるいは鉄山、箕輪山、鬼面山をたどるルートを何度となく利用できた吾輩は幸せである。
b0233441_1446407.jpg


馬の背の中央付近。
b0233441_144728100.jpg


いよいよ鉄山の登りに差し掛かる。
b0233441_1448318.jpg


小休憩中。
b0233441_14494488.jpg


ときおり爆裂口から砂粒が飛んできて顔に当たるのでとても痛い。
b0233441_14511044.jpg


注意しろといわれても・・・・・。
b0233441_14534680.jpg


せいぜい落石の因果関係を確認する程度しかできない。
b0233441_14544252.jpg


⑤④から30分ほどで鉄山のピークに立つ。
スキー場のレストハウスから3時間の旅だった。
b0233441_15242682.jpg


鉄山ピークより主峰安達太良山を望む。
b0233441_15254492.jpg


視線を安達太良山とは反対方向へ向けると、箕輪山と鉄山避難小屋が見える。
b0233441_1526597.jpg


ハイマツが風の強さを物語っている。
b0233441_15282340.jpg


たおやかな箕輪山に続くルート。
b0233441_15294651.jpg


青空と白い雲が気持ち良い。
b0233441_15305034.jpg


⑥⑤から7分ほどで鉄山避難小屋に到着。
b0233441_15324710.jpg


Tetuzan Hutは、近年噴火時のシェルターの役目も期待されている。
b0233441_15354647.jpg


本年10月、つまり今月に奉納された防災グッズは、旧品との交換だと信じたい。
b0233441_1537245.jpg


ランチタイム。
小屋には3組、6名の登山客が滞在していた。

b0233441_15381069.jpg

by sekaihahiroi | 2015-10-26 14:55 | 山行

4週連続の安達太良山山行

10月18日(日)

今日は、3連休の混みようが嘘のようなロープウエイに誘惑されてみよう。
モンベルカードの提示で団体割引が適用となる。
b0233441_14251152.jpg


このコースを利用する登山者が多いので、突然あちこちに銀座が出現する。
b0233441_14271117.jpg


霧が濃くなってきた。
b0233441_14274866.jpg


でも、森林限界ラインを超える頃にはガスも晴れてきた。

ジャージ姿の女の子が懐かしいじゃあーりませんか。
今、日本の山には歩くマネキンがうじゃうじゃ徘徊している。
いつから日本の若者は個性を無くしたのかね。

もっとも30数年前は、老若男女のほとんどがジャージを着用していたのだが。
そんな中で、個性的な吾輩は好んでニッカーを愛用し、その後スラックス派に転じたのである。
冬の吾輩は、シンチラのパンツズボン姿が多かった。

歩くマネキンが闊歩している時代だからこそ、今、ジャージが新鮮だ。
b0233441_1429132.jpg


頂上直下の安達太良銀座には立ち止まらずに、牛の背を目指す。
b0233441_143026100.jpg


牛の背から馬の背方向を見る。
b0233441_14312123.jpg


今日は靴の上から白いテープを張り、苦痛に顔をゆがめる重傷者を見た。
救助の要請を宣言するかどうかを確認したところ、もうすでに要請済みとのこと。
その後2時間ほどでヘリコプターによって搬送されたもよう。
b0233441_14332937.jpg


雲がわく和尚山って夏っぽい。
b0233441_14372962.jpg


軽快に稜線をいく。
b0233441_14344439.jpg


防寒対策をしてさらに登る。
b0233441_1435458.jpg


馬の背に小銀座が発生。
b0233441_14392561.jpg


吾輩にとってはナナカマドこそが秋の使者。
b0233441_150862.jpg


汁が余っても捨てることができないので、山で食べるヌードルは小サイズにしておかないと。
b0233441_1533540.jpg


前述の怪我人と遭遇したりしながら下ると、ほどなくくろがね小屋に到着。
ソーラーパネルがずいぶん増えたなー。

静寂性の観点からこの小屋は、年休を取って真冬の金曜泊りがベストだろう。
b0233441_156015.jpg


銀名水でのどを潤してから気が付いたが、この水は放射線の影響はないのだろうか。
b0233441_1574694.jpg


対岸に行く秋を惜しみつつ歩を進める。
b0233441_1585312.jpg


この4週間に行った6回の山行で、冬山へ向けた基礎筋肉が付いたかななどと思いながら、気だるい大腿四頭筋に満足している。
b0233441_15102186.jpg

by sekaihahiroi | 2015-10-19 15:10 | 山行

ズミクロン35mmを持って裏磐梯へ行ってきたがありえないモノをが写っていた。

10月17日(土)

黄色い紅葉が印象的な五色沼へ行ってきた。

b0233441_1920945.jpg


湖沼その1

b0233441_19212538.jpg


湖沼その2

b0233441_19361447.jpg


湖沼その3

b0233441_19232866.jpg


湖沼その4

b0233441_1924788.jpg


湖沼その5

b0233441_19242746.jpg



そして・・・・画面中央に浮遊する半袖の男性

b0233441_19253060.jpg


バスでの移動は拒否。
ひたすら1時間ほどかけて、徒歩で駐車場に戻る。

b0233441_1927119.jpg


ランチはリゾートホテルでステーキを。
赤カブの冷製スープが旨かった。

b0233441_19281511.jpg



オーナーの趣味は絵画収集とのこと。

b0233441_19293152.jpg


今週も楽しい週末を過ごせた。

b0233441_19301049.jpg

by sekaihahiroi | 2015-10-17 19:30 | 山行

紅葉紀行 安達太良山矢筈森

10月12日(祝日月曜日)

ロープウエイの長蛇の列は駐車場まで達していた。

その駐車場に入るまでが至難の業。
じつは、一昨日は引き返したのである。

b0233441_16472431.jpg


今日の我々は往路復路とも勢至平経由峰の辻コースで、目的地を矢筈森とする。

b0233441_16513117.jpg


ゲレンデ脇も紅葉の見ごろを向かえていた。

b0233441_16533599.jpg


まずは旧道でたっぷり汗をかいてダイエットじゃ~。

b0233441_16525483.jpg


駐車場から勢至平(鉄山ビューポイント)まで65分と、かなりのハイピッチだ。

b0233441_16591875.jpg



秋晴れの気持ちの良い勢至平を行く。

b0233441_1654471.jpg


峰の辻分岐で小休憩の後、峰の辻を目指す。

b0233441_170986.jpg


藪を行くパートナー。

b0233441_1731037.jpg


鉄山の正面で小休憩。

b0233441_175738.jpg


登り始めから峰の辻まで2時間25分。(途中2回の休憩時間を含む)
なかなかのタイムだ。

b0233441_1721797.jpg


牛の背を目指す。

b0233441_174378.jpg


3週連続の稜線からの眺めは今日が一番だろう。
ゲレンデから登り始めて2時間35分。

b0233441_1771530.jpg


矢筈森への最後の登り。

b0233441_178155.jpg


矢筈森のピーク上空には強風のためレンズ雲が発生。

b0233441_1784732.jpg


爆裂口に背を向けて二本松方向を見る登山者。

b0233441_17194266.jpg


陽が傾いてきた。

b0233441_17201787.jpg


鉄山・箕輪山・鬼面山への縦走路を見るが、強風のため涙が出てくる。

b0233441_17215029.jpg

by sekaihahiroi | 2015-10-14 17:21 | 山行

鬼面山黄金期

10月10日(土)

安達太良連峰最北端の鬼面山を目指す。

b0233441_1618453.jpg


野地温泉と新野地温泉の分岐までひと汗かくとそろそろピッチが上がりだす頃。

b0233441_1619839.jpg


クマザサ原を行く。

b0233441_16204555.jpg


左斜面が断崖絶壁の危険地帯を通過すればほどなく山頂。

b0233441_16221218.jpg



鬼面山のピークより箕輪山を望む。

b0233441_16232175.jpg


縦走者たち。

b0233441_16234980.jpg


冬山用に新調したブラックダイヤモンドのトレイル。

b0233441_16244014.jpg


紅葉まっ盛りのブナ林を下る。

b0233441_16261094.jpg


静かな鬼面山を堪能した。

b0233441_16271377.jpg

by sekaihahiroi | 2015-10-11 16:27 | 山行

安達太良山黄金期

10月4日(日)

前日に続き、冬山自主トレの一環として、勢至平コースから安達太良山山頂を目指す。
安達太良スキー場から勢至平に出て初めて箕輪山を確認できる地点までの所要時間が50分間だった。
30年前より5分ほど遅いが、途中単独行の3人と、2パーティーを追い抜いた我が健脚をほめたい。

b0233441_15521425.jpg



勢至平中ほどの峰の辻分岐から、峰の辻経由で山頂を目指すことにした。

b0233441_15555838.jpg


紅葉した山つつじの先にはヤハズ森が見え隠れしている。

b0233441_1559982.jpg


ギャップには優しい配慮があり、「30歳のアルピニスト」にはうれしい。

b0233441_15573111.jpg


雄大な箕輪山を遠望する。

b0233441_160411.jpg


すっかり葉を落としたナナカマドの背後にそびえる鉄山も黄色く色づいている。

b0233441_1611713.jpg


足元にはナナカマドの赤い実が無数に散乱している。

b0233441_162223.jpg


山スキーのゲレンデとして楽しい振り子沢。
「振り子沢」の由来は、この沢を振り子のように左右に滑ってくるからだそう。

b0233441_16542214.jpg


安達太良山山頂が中央に見える。

b0233441_1641299.jpg


背の低い灌木が、森林限界が近いことを知らせてくれる。

b0233441_1654947.jpg


昭和39年11月6日に建立された石碑。

b0233441_1672529.jpg


「友と雪」という表現から、当時の天候の急変が想像できる。
合掌。

b0233441_1682956.jpg


勢至平入口から峰の辻まで13分間。
写真を撮りながらの登りなのに、このタイムは何となくうれしくなってくる。

b0233441_16131824.jpg


峰の辻でレーションを摂り小休憩の後、稜線を目指す。
年々朽ち果てる避難小屋跡。

b0233441_1615148.jpg


石垣がかろうじて人工物であることをものがたっている。

b0233441_1616788.jpg


峰の辻で小休憩後、稜線まで20分ほどだった。
この日の天候は、羽毛のダウンの上にカッパと毛の帽子と手袋でちょうど良かったので、それほど寒くは無かった。。

b0233441_16181311.jpg



羽毛のダウンを着用するほどの寒さなのに、タンクトップで平然と歩く中年男性にはうれしくなる。
勢至平への登りで追い抜かせてもらった人である。
樹林の登りも強風の稜線も、何食わぬ顔で同じいで立ちでいられる彼の生命力の強さに感動である。

b0233441_1659442.jpg




カッパの帽子をかぶり、あご紐をギュッと締めている人が多い。

b0233441_16231868.jpg


「ザックは一本締めに始まり、一本締めに終わる。」(吾輩の格言)

b0233441_16271047.jpg


安達太良山山頂直下で、風をよけながら昼食としよう。

b0233441_16281065.jpg


ソロ山行の際は、ストーブの燃焼音はゴウゴウとうるさければうるさいほど寂しさを紛らわせてくれる。

b0233441_16301549.jpg


昨日と同じ鮭おにぎり。

b0233441_16304924.jpg


山で喰うヌードルは奇をてらったものより、食べなれた味のそれの方がよっぽど旨いことを再確認した。

b0233441_16324610.jpg



みなさん登り優先のマナーをきちんと守るので、そこかしこで大渋滞が発生する。

b0233441_16402050.jpg



9時半から始まった安達太良山の旅も、13時50分にロープウエイ頂上駅に到着で終了。
心地よい疲れに包まれて、家路を急いだ。

b0233441_16441520.jpg





時間も押してきたので、ロープウエイで下ることにしよう。

by sekaihahiroi | 2015-10-07 16:44 | 山行