人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 62 )   > この月の画像一覧

return home safety

Mr.RAMESH.
Thank you for your help.
l arrange a memory slowly from now on.
return home safety_b0233441_11334928.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-17 11:28 | NEPAL

無事帰国

スカイツリーを見て帰国を実感する時代になったな。

無事帰国_b0233441_10452967.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-17 10:43 | NEPAL

ディナーinBKK

バンコクでトランジット中
マッサージ2時間は大正解。

今回の旅もそろそろフィニッシュドゥ。

オールピープルthankyou!
ディナーinBKK_b0233441_0114297.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-16 22:05 | NEPAL

ネパール帽

昨日の敵は今日の友であるRAMESHからもらったネパール帽を被り、ホテル内を彷徨って見た。
従業員達が好意的な視線をよこすので、照れくさいような恥ずかしいような気分です。
今回の旅はなかなか良い思い出になりそうです。

ありがとうネパール。
そして、ネパールの友ロメス。

Have you read todays my diary.
This trip will be something pleasant to look back on.
Thank you RAMESH.

ネパール帽_b0233441_19211598.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-15 15:49 | NEPAL

マウンテンフライト

4時半起床で、マウンテンフライトに行って来た。
エベレストをはじめとして、ローツエやマカールなどお馴染みの山々を見ることができた。
天候しだいではフライトキャンセルもあり得たらしく、晴天のヒマラヤの大迫力に迫れてラッキーだった。

マウンテンフライト_b0233441_132424.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-15 09:58 | NEPAL

昨日の敵は今日の友

昨日激しくやりあったレセプショニストの主任から、今日は休みなので一緒に観光しないかと誘われたので半日ほどあちこち連れて行ってもらった。

彼の家にまで招待されてとてもうれしかった。

その後、夕食を共にした後の別れ際に、昨日はミステイクをしてしまってソーリとしんみりと言われた。
もちろんノープロブレムと言ったが、先ほどまでの元気さが嘘のようだった。

そして、ショップでネパール帽子を吾輩にプレゼントまでしてくれた。

部屋に戻って今日1日を振り返ると、なんだか涙が出てきそうである。
涙なんて久しぶりである。

昨日の敵は今日の友_b0233441_1485647.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-14 22:15

ネワール風お茶

午前中は、カトマンドゥ近郊の古都に行って来ました。
なかなか風情のある街でした。

10時のお茶の様子です。
ネワール風お茶_b0233441_15223341.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-14 12:03 | NEPAL

ブラマンなウエイター

トップカーストのシンボルをはだみはなさず身に付けている。
気立ての良い男である。

ブラマンなウエイター_b0233441_22573211.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-13 19:38 | NEPAL

これが頑固な主任

初めて笑顔を見せてくれた。

これが頑固な主任_b0233441_21201590.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-13 18:03 | NEPAL

窮地を脱す

今日は朝からトラブルが発生した。
チベット系のホテルレセプションが、wブッキング分の部屋代を払えと1万円請求してきた。ブッキングドットコムのサイトでマイヒストリを主張したが夕方からマネージャと話し合ってくれと譲らない。
先ほど主任クラスのレセプションとやり取りしたが、訛りが強くて良く理解出来ない。
しかし、この男は朝のあんちゃんよりは多少冷静に思考できるようで、我輩がブッキングドットコムに電話して確認を取ってくれという。
ホテルの電話を借りてインターナショナルセンターに事情を説明したところ、顧客が有利になるようにとりはかってくれ、電話を代わったマネージャに説明してくれて事なきを得た。

当初、
2日分の2万円を請求してきたのでびっくりしたが、1日分だけだったようだ。

それでもたかが1万円、されど1万円である。レストランのランチが120円で済む国である。
吾輩も主張を絶対諦めなかった事が結果的に嫌な思い出を作らないことにつながったと思う。

間に入ってくれたブッキングドットコムの女性には感謝を申し上げた。

マネージャをはじめ、主任とも前よりもいっそう打ち解ける事ができたと思う。

互いに妥協せず、前向きに解決法を考えた事が、困難な仕事を成し遂げた後の爽快感を生んでくれたようである。

窮地を脱す_b0233441_213856.jpg

by sekaihahiroi | 2012-08-13 17:19