人気ブログランキング |

インク

一生かかっても使いきれないほどのインクがたまってしまった。

b0233441_14492230.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-28 14:49 | 万年筆

パイロット万年筆 シルバーン つむぎ 

ロングセラーのパイロット万年筆「シルバーン つむぎ」と同じようなニブを持つ同社のカスタムは、父の遺品。

1975年頃のモノらしい。書き味はカリカリとした細字でインクフローも極めて良く、専ら仕事の記録を付けるために使っている。

シルバーンが手元に届いた時の感想をUP


b0233441_18273414.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-27 18:28 | 万年筆

仙台駅黒石つゆやきそば閉店

仙台駅6番線と7番線の間にある「黒石つゆやきそば」で黒石つゆやきそばを初体験。


鶏肉とキャベツの入った焼きそばを作り、それを麺つゆの入った丼ぶりに移し、ねぎと天かすを入れて出来上がり、390円也。
ソース味より醤油ベースの麺つゆの方が弱冠勝った味付けとなっており、冷えた身体に染みいるような美味さだった。

食べ終わった器を返そうとふと厨房に視線をずらすと、ガラスのしきりに小さく3月6日閉店の知らせが貼りだしてあった。

撮影2012年7月
b0233441_1056423.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-26 10:48 | 国内旅行

LAMY 2000

LAMY 2000を買った。

b0233441_1557448.jpg

14金のMニブは、潤沢なインクフローを見せてくれる。
b0233441_15591128.jpg

ファーストインクは、仙台丸善オリジナル「文具の杜」を入れてみた。
b0233441_1604221.jpg

ペン先の柔らかさは、ペリカンM800・LAMY 2000・モンブラン149の順に硬くなるようである。
b0233441_162229.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-25 16:02 | 万年筆

酔っ払ってもこの程度は書ける

ベトナムへ行く前のとある気分の良い夕べにペン画のまねごとを少々した証拠がでてきた。

モンブランマイスターシュテック149
同ブルーブラック
同ロイヤルブルー
b0233441_17305652.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-22 17:31 | 万年筆

マッサージ嬢

フットマーサーを希望する客に対し、同額だからとボディーマッサーを勧めるお嬢(33歳)。

b0233441_1955369.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-21 19:55 | アニョーバの世界

pelikan M800

Pelikan スーベレーン 万年筆 緑縞 M800 が届いた。
さっそくPelikan のブラウンを入れて試し書き。
インクフローも良くスラスラ書ける。
MONTOBULANC♯149と同じFニブだが、M800の方が柔らかい書き味である。
b0233441_1413763.jpg

保証書も付いてきたので一安心。
b0233441_1445988.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-19 14:05 | 万年筆

万年筆 趣味

3日前に、突然インクを吸わなくなったMONT BLANC149を、モンブランテクニカルセンターへ修理に出してからちょっと寂しい思いをしていたところなので、以前からほしかったPelikan スーベレーン 万年筆 緑縞 M800 Fを購入することにした。


万年筆の趣味はコスト的にどうだろう。
キャッシュアウトフローで言えば、だいたい1本当たり3万円~で耐用年数は恐ろしく長い。

対するそのほかの趣味は
週末に酒を飲む場合は、おおよそ一晩で1~2万円。
バイク・・・・・1台100万円~。
カメラ・・・・1台10万円~で最近のデジカメの耐用年数は数年程度。
海外旅行・・・・・30万円~


万年筆の趣味は結構安いということが分かる。
b0233441_1594430.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-15 15:09 | 万年筆

ペン習字を習いたくて

毛筆2級の腕前の吾輩も硬筆はてんでだめなので(毛筆もお話にはならないが)、いつも新潟のいかのあしさんに笑われてしまう。
そこで、新年から一念発起してペン習字をやってみることにしたのだ。


目標は12カ月間課題を提出し続けること。

b0233441_19555081.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-14 19:55 | 万年筆

Parker 51

知人からParker 51をいただいた。
b0233441_11133786.jpg

製造年代を調べているうちに驚いた。
何と戦後間もない65年前に造られたモノということが判明した。
「Type 2-1(1948年~49年)
 インクフィラーにはプラスチック製のインクを貯蔵するサックが入っていて、金属バーを押して空気を追い出し、ペン先をインクボトルに突っ込み、金属バーを放しインクを吸い込むのである。(Parker 51より引用)」
b0233441_11172539.jpg

「Type 2-1では、”TO FILL PRESS RIBBED BAR 6 TIMES ”とフィラーに刻印されている。(Parker 51より引用)」
b0233441_11175059.jpg



b0233441_1118253.jpg

知人の父上は新聞記者をしていたので、このParker 51はたぶん原稿を書くのに使われていたのだろう。
書き味は極めて良好。
b0233441_11194010.jpg

by sekaihahiroi | 2013-02-13 11:13 | 万年筆