大連到着

ニューワールド大連に着いた。早すぎたようで、チェックイン待ち。
b0233441_1421067.jpg

b0233441_1422984.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-31 13:19 | China | Trackback | Comments(0)

中国旅行は円安傾向中

USD/JPY 100.891(5/30 9時20分)

1元/16.5485 JPY(5/30)


ズボンをどうしようかと最後まで悩んだが、今回はオールエコノミーなのでリラックス度を最優先して、モンベルのクライミングパンツを履いて行くことにした。

上着はパタゴニアのロングスリーブをメインに、パタゴニアのTシャツと半袖シャツを組み合わせることにした。

足もとは大連の気温が20度代前半のようなので、スニーカー履きとしよう。



国内線と国際線の乗り継ぎが、入国と出国では違うということを昨日学んだ。
具体的には、スルーチェッキンは同じだが、帰国時に成田で手荷物を一旦ピックアップし、税関を通り、再度預けるということだった。


仙台で吾輩の荷物が無いぞーという事態を何とか直前に回避できたわけだ。
よかった。


オートチェキンのメールが届いたので、オフラインで保存した。

b0233441_9353753.jpg



ランチを久しぶりにいただこうか。
b0233441_9351965.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-30 09:35 | China | Trackback | Comments(0)

小分けした現金の処遇

大連へ持参する現金は、円とドルとドル建てTC。

これら現金の一部を外出時にホテルのセフティーボックスに収納するわけだが、毎回厄介な思いをしていた。
マイルームへ帰館時に、一応金額を検めないと気が済まない吾輩は、自分の性格を呪いたくなってくるのだが、今回の旅から名案を思いついた。


我が家で小分けした現金を銀行の封筒へ詰めるのはいつもと同じだが、ここからが違う。

封筒へ詰めた後に糊で厳重に封をし、その次に割り印を押印してさらにセロテープでテーピングを行うのだ。
こうすることでセフティ-ボックスを開けてから外形的な異常の有無を確認するだけで、気持ちが落ち着くという作戦である。

どことなく心理戦の様相も漂ってきたがそれでいいのである。


えっ、封筒ごと全部盗まれたらどうするのって?


ムム・・・・・・・・そこまでは考えていなかった。



1枚
2枚
3枚
4枚
[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-29 16:22 | China | Trackback | Comments(0)

歓迎円高元安

大連駐在日本人労働者大歓迎アルヨ。




今回の急激な円安は、物価が10%上がったと同じ弊害があったわけで、別な見方をすれば1割降給したようなものだから。




ちなみに大連旅行者も大歓迎アルヨ!
シェーシェー!!




1 中国 人民元 = 16.5095 日本 円 (2013/05/27 )
どんどん円を買ってくれ~

b0233441_16555733.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-27 16:52 | China | Trackback | Comments(0)

オンラインチェックイン

「2013年4月1日国際線ご搭乗分よりご利用可能」となったオンラインチェックインを今回の旅から利用することにした。



「予約・購入時*に以下項目を期限までにご登録いただくと、国際線出発時刻の24時間前(現地時刻)に自動的にチェックイン手続きが完了します。 手続き完了後、空港にお持ちいただく搭乗券のご案内メール(チェックイン案内メール)をお届けします。」


b0233441_7561313.jpg




仙台空港からのスルーチェックインも、オンラインチェックインで可能だということが確認できた。


「対象路線」
(1)ANAグループ運航の国際線全路線(他航空会社が運航するコードシェア便は対象外) *
(2)(1)から乗り継ぐ他航空会社運航の路線 *
(3)(1)と乗り継ぐ日本国内路線
【対象となる日本国内路線の詳細について】

ANAグループ運航の国際線に同日接続、もしくは乗継時間が16時間以内の日本国内線が対象となります。
・ANAグループ運航の国際線に接続する日本国内1区間のみご利用いただけます。
(例)石垣 - 沖縄(那覇) - 東京(成田) - ロサンゼルスの旅程では、国際線に接続しない石垣 - 沖縄(那覇)区間はご利用いただけません。
・日本国内区間と国際線区間を別々に発券されている場合、国内区間はオンラインチェックインの対象外となります。




◇手続きカウンターについて◇
日本国内空港でのスルーチェックインは、「搭乗手続きカウンター」にて承ります。



【ANA国内線へのスルーチェックイン】

各国の国際線出発空港において、ANAグループ運航の国際線から接続するANA日本国内線区間のご搭乗手続きも行います。
手荷物は税関手続きのため、国際線到着空港にてお受け取りいただき、再度お預け直していただく必要がございます
※手荷物のお預かりは、同暦日の乗り継ぎの場合のみご利用いただけます。



b0233441_7571232.gif

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-26 07:58 | China | Trackback | Comments(0)

ニュー ワールド ホテル ダリアン のエクゼブティブ

当初楽天で予約したニュー ワールド ホテル ダリアン のプレミアムタイプのサービス内容がイマイチ不明だったため逡巡していたところ、ブッキングドットコムで、有利な直前情報を提示してきたので、前者をキャンセルし、あらためて後者のサイトから同じホテルを予約した。


プランはエクゼブティブクラスのダブルである。(2泊朝食込税別約43,000円を半額)
このクラスはエクゼブティブラウンジへのアクセスも可能としており、さらにパーソナルチェックイン/チェックアウトを利用できるという「非日常・これこそ旅だ」という疑似セレブクラスである。

無料のハイティー、イブニングカクテルが提供されるエグゼクティブラウンジで、世界中の人たちと盛り上がることができればと、田舎者の万年青年は今から楽しみ。



b0233441_19544391.jpg




b0233441_1959180.jpg






b0233441_19594773.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-24 19:55 | China | Trackback | Comments(0)

Black mask

最近花粉症もひと段落したのかどうか、巷ではマスクをしている人が減ってきたようだ。
こと女性に関して言えば、マスクは一難隠すメリットがあったのだなーと今さらながらその美容効果を実感している。



さて、去年の8月にネパールに行った際に、現地で流行中のマスクを土産に買ってきた。


b0233441_17291030.jpg



年末のベトナムでもカラフルなマスクを着用している人が多かったが、これらの現象は日本人の白マスクオンリーとは対照的である。

文化人類学的な考察を簡潔に述べると、生活をエンジョイしようと常に考えている民族と、人目を絶えず気にし、人と同じものでなければ安心できないという民族の違いだとできる。


なお、この考察は言うまでもなく吾輩の研究によるものであって、学界には未発表の論理なので、口外無用である。



裏返せばさらにオシャレであり、このセンスはなかなかのものである。

b0233441_17384353.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-23 17:35 | NEPAL | Trackback | Comments(0)

ブラックマンデーには気を付けよう

たかが2~300万円。
と、言う人が増えてきた。


中古のビルを買った。
と、言う人もでてきた。



家を新築するに当たり、娘のために1メートルのコンクリート壁に囲まれた防音室を造ったと自慢する人も出てきた。



レクサスがやたら目に付くようになってきた。



昨日は株で500万円儲けた。
と、さっき会った人は言っていた。






ジャパニーズ・ニューリッチたちは、今、まさにわが世の春のようである。




そんな愛する彼らに贈る言葉は・・・・・

栄枯盛衰
盛者必衰
[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-22 19:53 | アニョーバの世界 | Trackback | Comments(0)

現地の最新情報を入手しよう

現地旅行代理店へメール。


どこどこへの観光を計画しています。
つきましてはツアーの詳細をお知らせいただけますか。


ここからがポイント。
なお、〇〇は現在見学可能でしょうか?



皆さんの察しの通り、「ポイント」以下が必要な情報であって、前段はどうでもよい情報である。


海外旅行は、多かれ少なかれだまし合いの要素を含んでいるので、このくらいはカワイイ取引であろう。



I am planning on tourism.
Could you inform us the details of the tour concerning.


b0233441_19574787.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-21 19:56 | 遠くへゆきたい | Trackback | Comments(0)

満鉄の面影を追って

今回の大連への旅では、南満州鉄道の残した遺構に触れてみたいと思う。


当日切符を入手できればの話だが、大連からハルピンまで高速鉄道で日帰り往復し、満州の広さを実感してみたい。
大連~ハルピン900Kmを、昨年末までは快速で13時間余りかけて走行していたが、暮れに開業した高鉄(350Km走行)を利用すれば最短で3時間半で行くことができる。
その結果日帰りも可能となったわけだ。


開発が遅れていた東北地方も、今後は飛躍的に発展することだろう。
ただし、旅行者にとってその開発が良いのかどうかは微妙である。


満鉄の雄、あじあ号をけん引したパシナもひっそりと静態保存されているようである。
「パシナ型蒸気機関車751号」は瀋陽機関車展示館、パシナ型蒸気機関車757号は大連駅機関庫に保管」




b0233441_1546230.jpg




b0233441_1526389.png

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-05-20 15:26 | China | Trackback | Comments(0)