シェムリアップのホテル

Pavillon d'Orient Boutique-Hotel(パビリオンドゥオリエントブティックホテル)
ホテル選定の際には、トリップアドバイザーを参考にしているが、このホテルはシェムリアップで一番人気のホテルである。
4月に予約した際は、ホテルの予約サイトから行ったが4泊の希望に対し、3泊しか取れなかったのでホテルへ直接メールしたところ、4泊全てOKey!

8月13日からの4泊ということと、シェムリアップだということで、滞在した5日間は必ず日本人が宿泊していた。邦人との接触を煩わしく思う方は時期を選ぶ必要がある。
オーナーはフランス人で、フランスのほかに、バンコクとマレーシアにもホテルを持つそうである。
b0233441_1111179.jpg


立地は街の中心からは離れており、静かな夜を過ごせた。
ただし、専属のTUK TUK が日の出から22時まで利用可能なので不便は感じない。
b0233441_11161510.jpg

ホテルを一歩出ると、のどかなカンボジアを味わうことができる。
b0233441_11185118.jpg

また、目の前の川では勇気ある漁を見学できる。
b0233441_11202816.jpg

スタッフのフレンドリーさには定評があり、ローカルな雰囲気を醸し出しつつも、精一杯の接客を心掛けているといった印象で、4星の気どらない自然な対応が良かった。

持参したタブレッドで矢沢栄吉の時間よ止まれを聞かせたところ、曲に合わせて踊ってくれた陽気なレセプショニスト。
b0233441_11235367.jpg

2階の角部屋だった。バルコニーに出ると、南国の樹木が視界一面に広がりとても癒やされた。
シーリングフアンは、入浴後の素早いクールダウンに効果があった。
ベッドの枕元に設置された蚊帳は雰囲気抜群だが、防虫の必要性はなく、時として邪魔と感じることもあった。
b0233441_15555363.jpg

お湯の出はよい方だ。
b0233441_1559328.jpg

東南アジア特有の方式のトイレシャワーが設置されており、快適である。
b0233441_15594117.jpg

朝食は代わり映えしなく2日で飽きてしまった。
b0233441_1628100.jpg

その後の2回の朝食は、TUK TUK ドライバーにローカルレストランに連れて行ってもらうことになり、現地の朝食を味わうことができた。
b0233441_1634834.jpg

ジュースは日替わりが楽しめる。
b0233441_1651581.jpg

ハムを入れたチーズオムレツはお勧め。
よくよく考えてみると、地元の人たちが食べれないチーズを朝からいただくことは贅沢だった。
b0233441_1674213.jpg

チェキンした日の遅めのランチ。
b0233441_1683615.jpg



b0233441_16203145.jpg

2年前に宿泊したストラッドヤンゴンのシールが懐かしい。(ホテルのディスプレイ)
b0233441_1692631.jpg

最初の晩は疲れていたのでホテルですました。
ラオスでさんざん飲んだビアラーオがメニューにあったので、懐かしくてつい地元のビールそっちのけでオーダーしてしまった。
b0233441_1622727.jpg

もちろんアンコールビーアも飲んだ。
b0233441_16231182.jpg



b0233441_16251490.jpg



b0233441_16263032.jpg



b0233441_16255891.jpg

SGNの免税店で買って持ち込んだブラックレーベルは、寝酒として毎晩愛飲した。
ルームサービスの氷は無料だが、毎回チップを$1渡すことは欠かさなかった。
b0233441_16283232.jpg

りモワトパーズ32lを今回の旅から使用することにした。
b0233441_16294622.jpg

心地よい風に吹かれながら毎晩バルコニーで飲んだブラックレーベルの友は、トッケイ君。
ラオスと同じ名前だった。

1泊朝食・TUK TUK 乗り放題・無料空港送迎付きで$110。
併設されたSPAのトラディショナルマッサージは1時間$10。

静かな立地にある瀟洒なPavillon d'Orient Boutique-Hotelは全18室。
チャンスがあれば次も利用したいと思うホテルがまた一つ増えた。

b0233441_16315654.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-30 16:54 | Trackback | Comments(0)

interesting シェムリアップ

TUK TUK ドライバーの収支

吾輩が泊ったホテル専属のTUK TUK ドライバーは、日給$10。
ただし、5時間未満のドライブの場合は$4。
この国の警察官の月給が$50だそうだから、お主は相当の高給取りじゃないか。
「ハイシーズンは、月20日の稼働も可能ですが、オフシーズンだと月のうち半分は自宅待機です。」

さらに、聞いてみると。
モーターサイクルは自前。
ガソリンやオイル、タイヤなどの消耗品も自前。
110ccのスズキは中古なので燃費がかなり悪く、バンティアイスレイまでの往復60Kmを2時間で走行すると、ガソリン代が$6もかかってしまう。
仕事は日の出から22時まで。
以前はレストランのウエイターをやっていたが、この仕事に満足している。
なぜなら、(客待ちの間)自分の自由な時間が捻出できるから。
1ルームの賃貸住宅に親子3人で暮らす彼の妻もレストランでコックとして働いている。

b0233441_15394114.jpg


彼はあまり良い顔をしなかったが、バンティアイスレイへ行ってみる。
その日は、$10でアンコールワットとバンティアイスレイのガイドを彼に引き受けてもらうことにした。
奥ゆかしいTUK TUK ドライバーのSokha君は、自分は歴史的な説明ができません。と、当初、辞退してきたが、どうせ吾輩も歴史は興味ないし、それよりインド人と違い人間ができているじゃないか。
ガイド料だとは考えず、チップだと思って自由に吾輩をガイドしてくれたまえ。
b0233441_1543754.jpg

似ている。
バンティアイスレイのこの寺院はどこかで見たような・・・・
b0233441_15473654.jpg

思い出した、ラオスとカンボジアの国境に近いラオスの世界遺産ワットプーにそっくりだ。

2010年8月に行ったワットプー
b0233441_1550385.jpg


この国は赤土なので、蟻も赤い。
b0233441_1555040.jpg


風が気持ちいいいぞー。
日本より断然涼しいぞー。
b0233441_15571446.jpg


でかい!
前方にデカイ物体を発見。
b0233441_15572695.jpg


追い抜きざまに振り返るとー。
凄い奴だった。
b0233441_15581610.jpg


バンティアイスレイからの帰路に、サンセットびゅーポイントがあるというので、行ってくれ!

果報は寝て待つ合理的な人々。
b0233441_1602812.jpg


行儀よく待つヤマトナデシコ。
その後続々と夕日好きな日本人がバスで詰めかけてきたので、退散することにした。
眼下に見える青いバスはH〇S。
b0233441_1604758.jpg


今回の旅で注目したことのひとつに、タブレットPCをカメラとして活用している人が多かったということ。
東アジア系の人が多かったように思う。
b0233441_1553548.jpg


ながら運転は市民権を得ているもよう。
b0233441_15403167.jpg


夜の帳が下りたパブストリート。
b0233441_1642295.jpg


大鉈で草を刈る人たちには、クメールの遺伝子を感じることができた。
b0233441_1654879.jpg


遺跡巡りはアドベンチャーツアー。
最低でもバックル付きサンダルを履きたい。
b0233441_1672462.jpg


ミャンマーで見かけたゴミ箱そっくり。
b0233441_16103762.jpg


葬式の行列にも遭遇。
b0233441_1611715.jpg


フィッシュマッサージはとてもくすぐったくて、吾輩はキャンセルじゃ~。
b0233441_1612567.jpg


おしゃれの誘惑。
b0233441_16172496.jpg


身だしなみ。
b0233441_16165487.jpg


かつての宗主国はフランス。
b0233441_16181743.jpg


淡水貝は、咳止めの効能があるとか。
b0233441_16175413.jpg


お菓子だろうか。
b0233441_16191375.jpg


interesting シェムリアップ!
b0233441_16184351.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-29 15:51 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

シェムリアップと戦争

もはや、シェムリアップには戦争と革命の匂いはなかった。
しかし、吾輩にとり、カンボジアは死臭漂う赤茶けた土地というイメージが強くあり、今回はその遺構を見学することにしてみた。

今なお多くの地雷が残っている不気味な大地を抱えるカンボジアにとって、その完全除去は国民の悲願である。
b0233441_132035100.jpg

義足
b0233441_13243377.jpg

ベトナム同様カンボジアも、アメリカの犠牲となった歴史がある。
ただし、カンボジアは今もその苦しみは続いている。
b0233441_13231350.jpg

クメールルージュ
b0233441_13244422.jpg

ポルポトは、純粋な子どもたちを官僚や医者として登用した。
何ら教育を受けていない子供たちが、国を動かし医療行為を行ったのである。
本来、生き残れるはずだった患者も相当数死亡した。
写真の子供たちは、政府官僚である。
b0233441_13321699.jpg

銃を突きつけられながらの写真撮影に対し、母親はなすすべもない。
絶望的な感情が表情に表れている。
b0233441_13391456.jpg

この写真を見た時に、固定式のピント撮影のための後頭部を支える支柱かと思ったが、血の気の失せた表情から真実を知った。
b0233441_13443754.jpg



b0233441_13461938.jpg

カンボジア軍のオペレーションセンターに隣接する戦争博物館では、武器を自由に観察できる。
b0233441_13543839.jpg



b0233441_13522357.jpg

M16を抱えるTUK TUK ドライバーのSokha君。
b0233441_13512447.jpg

Sokha君の祖父母も、クメールルージュによって虐殺されたそうである。
b0233441_1352883.jpg

失礼ながら、銃器の「似合う体型」は存在するのかもしれないと思った。
b0233441_13541936.jpg



b0233441_140861.jpg

地雷を断面する。
b0233441_1411867.jpg

響きは優しいマインだが・・・。
b0233441_1461833.jpg

MISS LAND MINE(左足が義足)
b0233441_1482212.jpg

世界遺産と共存しつつ、過去の武器とも共存するシェムリアップだった。
b0233441_1414742.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-27 13:25 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

シェムリアップの孤児院を訪ねて

カンボジアの孤児院訪問は、今回の旅の目的のひとつである。
TUK TUK ドライバーのSokha君に、今日は孤児院を訪ねてみたい。
ただし、NGOの関与していない小規模の孤児院を、と、リクエストして連れて行ってもらうことにした。



土産のキャンデーを積んで、TUK TUK はゴトゴトと孤児院を目指す。
b0233441_135718100.jpg


高級車を見ると、「この国はサムピープルがリッチで、メニピープルはプアです。」と、Sokha君が言ったことを思い出す。
b0233441_13593944.jpg



b0233441_14004.jpg

シェムリアップの中心部から30分ほどで着いたGOD Familyという孤児院。
b0233441_1415971.jpg

受付のようなところで、私は日本から来ました。院長さんにお会いしたい。
と、申し出たところ、意外にも女性の院長があらわれた。

私は日頃からカンボジアの孤児たちのために、何かしてあげたいと思っていたこと。
この100ドルをここの子供たちに役立ててもらいたいこと。
あとで持参したキャンディーを子供たちに直接あげる許可を得たいこと。

などと、来訪の目的を話し、ここには何人の孤児が収容されているのか。
また、なぜ、彼らは孤児にならざるを得なかったのか。
彼らに対する教育はどのようになっているのか。
彼らの寝室を見学させてもらいたい。
など、質問と要望を話した。
b0233441_14194158.jpg


現在、30名ほど収容している。
孤児になった理由は概ね以下の4つである。
①親がHIVに感染したため
②父親が失業し、家庭が崩壊したため
③親がハートブレイク・・・(たぶん精神疾患を患ったためだと思う)
④4番目は、吾輩の英語力が足りなく聞きとれなかった

教育は、小学生を対象にここで英語と韓国語を学ばせている。
これが教室である。
なお、中学生になったらここから学校へ通わせている。
b0233441_14244689.jpg



b0233441_14251837.jpg


施設の案内を受けていると、好奇心の旺盛な子どもたちが集まりだしてきたので、土産のキャンディーをあげることにする。
b0233441_14293140.jpg



b0233441_14272736.jpg



b0233441_14282151.jpg



b0233441_14285360.jpg



b0233441_14291491.jpg



b0233441_14305161.jpg



b0233441_14312849.jpg



b0233441_14314551.jpg



b0233441_143240100.jpg



b0233441_14325851.jpg


寝室を見学したい。
あれがベッドルームか?
「あれは、スリーピングルームです。」
b0233441_14341891.jpg

まず、女の子用の部屋を案内される。
暑い。蒸し風呂のようである。
でも、ベッドにはぬいぐるみが置いてあり、ほほえましい。
b0233441_14352211.jpg

それに比べて男の子用は殺風景。
b0233441_14351988.jpg

男の子用の部屋にあった米袋。
b0233441_1436284.jpg

これが僕のベッドだよ。
b0233441_14384836.jpg

プレイルームでは、世話人の女性が小さな子供たちをあやしている。
b0233441_14401861.jpg



b0233441_14411758.jpg



b0233441_14403027.jpg



b0233441_14431190.jpg

洗髪中の男の子
b0233441_14431338.jpg



b0233441_14435760.jpg



b0233441_1445044.jpg



b0233441_14452313.jpg



b0233441_14454454.jpg

政府からの援助は全くなく、全て自分たちの力で運営している。
海外からの資金援助は欠かせない。
b0233441_14464915.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-26 14:19 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

シェムリアップのレストラン

TUK TUK ドライバーのSokha君に連れて行ってもらったローカルレストランでは、牛の脳みそを初体験。
このレストランは、観光客が皆無な超レアなレストランで、メニューもカンボジア鍋一品だけ。
地元価格だから当然安く、ボリューム満点、味はもちろんカンボジアン。
鍋2人前とビール5本で$13。
b0233441_13510100.jpg

左奥の皿、白子状の軟体物の上に卵のキミがのっかったモノが、牛の脳みそであります。
色艶からして鮮度がよさそうなので、安心してファーストトライ!
右の卵がのっかったモノは牛の心臓。
b0233441_1355650.jpg

店内風景。
b0233441_13555499.jpg

ワインクーラーの代わりに、バケツに氷を入れてもらって飲んだアンコ-ルビーア。
b0233441_13572530.jpg

セフティードライバーなので、1本だけ飲んだSokha君。
b0233441_13584669.jpg

客が自分の好みで4種類の調味料を配合して作るタレをかけて食べるカンボジア鍋は、かなり美味かった。
b0233441_141877.jpg

店内に居合わせた黒シャツの彼氏の・・・
b0233441_1421089.jpg

彼女と・・・・
b0233441_142348.jpg

妹さん
b0233441_143037.jpg

平壌冷面館。
b0233441_1533155.jpg

カトマンドゥーや大連と比較してガードがかなり固い。
b0233441_1413281.jpg

通し。
b0233441_14142812.jpg

肉冷麺、1人前$8。
b0233441_14134528.jpg

名残りを惜しんでいるのではない。

最後までノーフォト。
b0233441_14151914.jpg

ホテルの朝食を2日で飽きたので、TUK TUK ドライバーのSokha君に連れて行ってもらったローカルレストランリリー。
b0233441_1419428.jpg

料金も$1.5ほどとローカルプライス。
b0233441_1419815.jpg

オーナーはチャイニーズハーフカンボジア。
b0233441_14194610.jpg

シェムリアップの茶は総じてぬるいジャスミンティー。
b0233441_142111100.jpg

Sokha君のIDカードを拝見。写真がずいぶん若い。
b0233441_14241281.jpg

調理場。
b0233441_14245927.jpg

スパイス。
b0233441_14252144.jpg

チキン。
b0233441_14242080.jpg

オールドタウンの一角にあるクメールキッチンレストラン。
b0233441_14283637.jpg

ここは歩き方でも紹介されており、外人客用のレストランといった趣。
b0233441_14291348.jpg

このカップルはたぶん日本人。
b0233441_14294580.jpg

団体客は中国人。
b0233441_14301248.jpg

ひとり旅の青年もたぶん日本人。
b0233441_1430441.jpg

カンボジアビーアはモンドセレクションで1位になったと、Sokha君。
b0233441_14305638.jpg

パイナップルと小エビの炒め物は旨かった。
b0233441_14332672.jpg

豚肉のニンニク芽炒めはそれほどでも。
b0233441_14342340.jpg

スペアリブはソースが甘めなので好みが分かれそう。
b0233441_1435571.jpg

バンテアイ・スレイは一ノ瀬泰造が通った店らしい。
噂の泰造メニュー。
b0233441_14385268.jpg

店内には彼の写真が掲示されている。
b0233441_14413874.jpg

このショットを撮った直後にクメールルージュに捕まった。
b0233441_14415973.jpg

チャイニーズスープ$5は、二人前のボリューム。
b0233441_1440048.jpg



b0233441_1443508.jpg

海老入りココナツスープは辛い辛い。
b0233441_14444194.jpg

Sokha君に連れて行ってもらったローカルレストランで朝食を。
b0233441_14482244.jpg

冷やして飲む習慣が無いということだろうか。
b0233441_14485336.jpg

調味料はたいていがスパイシー。
b0233441_14495862.jpg

肉スープ。
スプーンや箸などは、客が各自湯で殺菌してから使用する。
b0233441_14495576.jpg

バイヨン1
歩き方トップに紹介されている店だけあり、客は全て日本人。
料金も$60と日本価格。
b0233441_14563117.jpg

クメール美人。
彼氏はいるの?と聞くと、いません。
では、吾輩がキミの彼氏になってあげようと申し出ると、かなり照れれいたところからして、まんざらでもなかった様子?
b0233441_14575338.jpg

続々と日本人が入店してきて、あっという間に満員御礼。
b0233441_14592353.jpg

TUK TUK ドライバーのSokha君は吾輩と行動を共にした5日間で、初体験を何度もすることになったわけだが、シーザーサラダのチーズも「ファーストトライ」。
何からできているのですか?と聞かれたのでミルクと言ってしまったが通じない。
あっそーだ、ミオクと正しく発音しなきゃと反省。
b0233441_152148.jpg

ラムも「ファーストトライ」
b0233441_1523658.jpg

ビーフステーキも「ファーストトライ」だそうである。
b0233441_153310.jpg

吾輩は、バナナの花びらのサラダがファーストトライ!
b0233441_1534460.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-25 14:15 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

シェムリアップたくさんの笑顔をありがとう(Ⅲ)

アンコールワットのレリーフを代表する顔のつくりだと思う。
つまり、いたってカンボジア人的な顔の女性だということ。
b0233441_13463018.jpg

チャイニーズ・ハーフ・カンボジアもオールドタウンには多かった。
b0233441_13473551.jpg

ここでは、アンコールトムの鼻と合わせて撮るのが正しいアングル。
失敗作。
b0233441_13501324.jpg

英語はほとんど通じないけどローカルマーケットは極めて楽しいスペース。
せっかくマーケットを探訪にいったのにオールドマーケットでは、「オニーサン、ヤスイヨー」だもんね。
b0233441_1353478.jpg



b0233441_13543438.jpg



b0233441_1355349.jpg



b0233441_1356561.jpg



b0233441_1356433.jpg



b0233441_13571025.jpg

バイヨンで真剣にスケッチをする女性はたぶん日本人。
b0233441_13574165.jpg

トゥクトゥクのドライバーは、客待ちの間ハンモックで休む。
b0233441_1401510.jpg

食事は主にローカルレストランで食べたが、中にはゲテモノもあり、後日まとめて公開予定。
b0233441_1412317.jpg

マッサージは、1時間あたり500円~1,000円。
路上マッサージは600円。
b0233441_1423247.jpg

マッサージ500円と角質取り400円を同時進行。
b0233441_1442374.jpg

農村の奥さん
b0233441_1461810.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-22 13:58 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

シェムリアップたくさんの笑顔をありがとう(Ⅱ)

顔を作ってくれたお坊さんありがとう。
b0233441_2032396.jpg

牛買いのおじさんおじゃましました。
b0233441_20324219.jpg

お嬢ちゃん素敵な笑顔をありがとう。
b0233441_20332931.jpg

ハンモックって楽しそうだよね。
b0233441_20341979.jpg

少年よ頑張るのだよ。
b0233441_20405796.jpg



b0233441_20412192.jpg



b0233441_20422551.jpg



b0233441_20473393.jpg

少女のみんなも幸せになるんだよ。
b0233441_2042546.jpg



b0233441_20451648.jpg



b0233441_20445819.jpg




b0233441_2046385.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-21 20:48 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

シェムリアップたくさんの笑顔をありがとう(Ⅰ)

農民
b0233441_1732133.jpg

シェムリアップ近郊の農村で宴会に遭遇
b0233441_17291311.jpg



b0233441_1730128.jpg

手作り料理と自家製ワインで盛り上がる。
吾輩も御相伴に預かる。
b0233441_17312324.jpg

勤め帰りのOL
b0233441_17324435.jpg



b0233441_1733624.jpg

みんな元気
b0233441_173339100.jpg

カンボジアの美
b0233441_17341920.jpg

おばさんもありがとう
b0233441_1735470.jpg

照れ屋のおばあさんもありがとう
b0233441_17363965.jpg

ローカルマーケット
b0233441_17373369.jpg



b0233441_17375421.jpg

シャワータイム
b0233441_19481423.jpg

タイ人
b0233441_19515427.jpg

青年
b0233441_19525611.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-21 17:38 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

成田~ホーチミン

今年の夏休みは、インドシナ半島最後の未訪問国となったカンボジアを、無条件でめざすことにした。
その前段として、ホーチミントランスファー2ナイトの記録。


8/11 NH931(C class)
NRT17:25→SGN21:40

8/13 VN3825(Cambodia Angkor Air)
SGN11:45→REP12:45


8/17 VN812
REP18:20→SGN19:20

NH932(C class)
SGN23:50→NRT07:50+1


時間があったので、成田のシャワーを利用してみた。
ラウンジでチェキン後、さらにシャワーカウンターに利用を申し出る。
一方、アライバルラウンジのシャワー利用の際は、ラウンジチェキンと同時に利用の申し込みを行う。
b0233441_10574380.jpg

アメニティーは資生堂をラインナップ。
b0233441_10575874.jpg

B767ⅡのCクラス座席。
深夜便以外はそこそこ使える。

でも、B767ⅡのCクラスはこれが最後。
せめてCRSDLEじゃないと深夜便はきつい。

ANAでCRSDLEを就航させている東南アジアの都市はシンガポール。
ということで、今年の年末年始の旅からはトランスファーをSINに変更することにした。
b0233441_1059301.jpg

ディナー

洋 食

アペタイザー
サーモンリエットのガトー仕立てとポルチーニ茸のキッシュ
サーモンのリエットと、ポルチーニ茸が入ったキッシュを盛り合わせました。
マリネした野菜とともに、多彩な味わいをお楽しみください。
メインディッシュ

鱸のソテー 大和真菜のソテーとピューレソースとともに [307 kcal]
柔らかく上品な味わいの鱸に、日本の伝統野菜「大和真菜」を添えて。
大和真菜はソテーだけでなく、風味豊かなピューレソースにも用いています。

サラダ
ガーデンサラダ
ブレッド
デザート
(8月)
おもっちーず(チーズ風味のやわらかいお餅)←はカロリーオーバーに付きキャンセル

b0233441_1112268.jpg

帰路の朝食は、メインがお粥だったが、睡眠不足と大腸ポリープ検査を思い出して全く食欲がなかった。

ホテルニューワールドサイゴン

かつて、カーター大統領も宿泊したということをセールストークとしている年季の入ったホテル。
日本人の夫婦や家族連れがウジャウジャ宿泊しており、興醒めホテルだった。
チェキンの際にWベッドを希望。
「ビッグベッド?」・・・ヤー


このホテルはcaさんたちの常宿となっているようである。
少なくとも全日空と大韓航空の制服を着たcaさんたちを見かけた。

いたってノーマルな部屋
b0233441_1151574.jpg


朝食
フォー以外はブッフェ
b0233441_1162037.jpg

スイカが美味かった。
b0233441_1164129.jpg


アオザイ
b0233441_1183731.jpg


成田アライバルラウンジのシャワー

こちらには3本のシャワーノズルがあり、真横に噴射するシャワーは、深夜便で疲れた腰と背中をリフレッシュさせる効果がありそう。

b0233441_1185026.jpg


徒歩で旧南ベトナム大統領官邸を目指すことにする。
b0233441_1322542.jpg



b0233441_13221189.jpg

モーターサイクルとクルマの間隙をねって横断するためには、ちょっとしたコツがいる。
集団でくる車列は危険なので、比較的閑散とした状態になってから強引に渡る。
行き止まりの横断歩道。ここまで歩行者が軽視されているという証。
b0233441_13263162.jpg

現在は統一会堂とその名を変えた旧南ベトナム大統領官邸は、ベトナム戦争終結のシンボルとして、我々の脳裏に深く刻まれている。
b0233441_13282711.jpg

北ベトナム軍の戦車が突入した門は、今はひっそり。
b0233441_13294777.jpg

攻める側の視点。
b0233441_13311694.jpg

攻められる側の視点。
b0233441_1331473.jpg

突入してきた戦車がこんなに小さく見える。
b0233441_13322718.jpg

脱出用ヘリ。
b0233441_13334532.jpg

1975年4月30日、突入する北ベトナム軍の戦車。
b0233441_13343067.jpg

尻尾を巻いて逃げだす米軍と、南ベトナム傀儡政権。
b0233441_13355458.jpg

平和なホーチミンを修学旅行中のラーオの高校生。
b0233441_1339617.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-20 11:08 | Cambodia | Trackback | Comments(0)

Angkor beer

口当たりはソフト、クセは無い。
これといった特徴は無い。

b0233441_20512222.jpg

[PR]

by sekaihahiroi | 2013-08-13 18:46 | Cambodia | Trackback | Comments(0)