人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

空港チェックインカウンター嬢の行く末

空港に到着すると、まずは自分が搭乗する航空会社のチェキンカウンターを探すのが今までのスタイル。

しかし、少なくともANAは国内線に限ってのことだが、昨年末から保安検査場への直行システムを開発したわけで、利用者の便宜を図ったことにはなる。

那覇空港のチェキン待ち時間を思い出せば、はるかに時間短縮に貢献したことになる。


その一方で、笑顔で迎えてくれたチェキンカウンター嬢たちの合理化が進むことになるので、彼女たちの行く末が心配である。

この点に関し某大手旅行代理店の支店長によると、彼らは派遣労働者だったので心配はいらないよ。
と、大いに心配するようなことを言っていたことが思い出される。


かくも派遣労働者は身分が不安定なのだ。

TGのBKK、Cクラスチェキンカウンター2012年8月

b0233441_194145.jpg

by sekaihahiroi | 2014-03-30 19:25 | 遠くへゆきたい

特典航空券で行く宮古

吾輩の特典航空券が、韓国から中国、そして台湾までをカバーしているので相当迷ったが、宮古に決めた。

復路の那覇~仙台は、非常口席が全て空いていたのですかさず指定した。



宿をどこにしようかという楽しみが、今後の生きがいとなりそう。



国内線乗り継ぎは久しぶりのことなので、skipサービスかつチェッキンカウンターのスルーは初めての経験。
Cクラスの優先チェキンは、国内線では死語なのか。
しかし元々あったのかは謎であるが。
というのもCクラスというクラスが国内線にはないわけだから。
吾輩は、4時間以内の移動はYクラス利用のバジェット派なのだ。

b0233441_19505217.jpg





b0233441_19504557.jpg

by sekaihahiroi | 2014-03-29 19:50 | okinawa

おーとりー

宮古島の宿で一番関心を持っているゲストハウスは、1泊2食付き6,000円。
もちろん個室。
夜は地元の人たちも参加するおーとりー。

さらに、千代泉が無料飲み放題。
空港無料送迎付き。
池間島も散歩圏内。


東南アジアの物価を彷彿させられる宮古島は非日常的旅先。

by sekaihahiroi | 2014-03-26 19:26 | okinawa

ゆんたく

宮古島へ行きたくなった。
ANAのマイルが結構あるので、旅費はJR代金を除いて無料。


宮古のゲストハウスに泊ってのゆんたくに興味津津。

b0233441_19374347.jpg

by sekaihahiroi | 2014-03-25 19:38 | okinawa

やっと春だ

今年も厳しい冬だったなー。


ズミクロン35mm ASPH
NEX-6

b0233441_19244691.jpg



今日はクルマの温度計では22度まで計測した。

あくびをしながらの散歩は幸せだなー。

b0233441_19274734.jpg

by sekaihahiroi | 2014-03-24 19:26 | アニョーバの世界

カンタス航空ラウンジ

MH(マレーシア航空)の成田ラウンジはカンタス航空のラウンジ。
正月にオストレリアのパースから帰国したばかりなのに、偶然にもまたオストレリアだ。

b0233441_19374015.jpg


そーいえばパースの南西にMHの機体の一部らしきものが浮遊しているとか。
なんかー吾輩の周りで事件は起きているような気もしないでもない。


ラウンジに期待する機能は、基本的にシャワーと、ビールと、ゆったりできるソファー。

b0233441_19394588.jpg



その期待を満たしてくれれば、どこの航空会社だろうとノープロブレム。

b0233441_1940111.jpg





b0233441_2062460.jpg

by sekaihahiroi | 2014-03-23 19:40 | indonesia

海外旅行用腕時計携帯ケース

トラベル用腕時計ケースをwebで探したが、パットしない。
そこで手元にあるケースを流用できないかと思いを巡らしたところ、出てきたのが、LUMINOXを購入した際にもらったケース。


ロレックスブルーサブマリーナ・ステンレス&18Kイエローゴールドコンビ Ref.16613
空港のラウンジやビジネスクラスの機内、そして気の利いたレストラン等で着用し、セレブ気どりで非日常感を味わおう。




世界各地のラウンジでは、金むくのロレックスやそれに近い腕時計を着用している人も珍しくない。
先々月のシンガポールのラウンジでは、真っ白い布製の服を頭から足もとまでまとった外人がピカピカの腕時計をしていた。
2年前のカトマンドゥのラウンジでは、コーカソイド系の年配のビジネスマンが、革のバンドに付けたロレックスを渋く決めていた。

等々、腕時計好きな吾輩は暇にまかせて結構観察しているのだ。

b0233441_1715271.jpg



アテッサATD53-3051

目立たずに軽いという特徴を生かし、庶民派の旅人を演じることで防犯に役立てたい。

b0233441_17183321.jpg



一人旅では、豪華なトラベル用腕時計ケースは全く不要であり、運搬中の受傷を防止することが目的ということ。

齢を重ねるにつれて新たなモノを入手したいうという欲望より、手持ちの品を流用したいうという気持ちが強くなってきたこと。


b0233441_17215058.jpg

by sekaihahiroi | 2014-03-22 17:23 | 旅行グッズ

KULにはファストトラックレーンがあるがCGKにはないのだ

クアラルンプールでのトランスファーは、往路が2:45、復路が4:20あるので、
復路でマレーシアに入国し、マレー半島の空気を吸ってみたい。
そしてKLIAトランジットを利用して近場の駅まで行ってみるのもおもしろそう。


日本航空
ビジネスクラスにご搭乗のお客さまへプレミアレーン(優先出国レーン)のご案内
・ビジネスクラスにご搭乗のお客さまは、ご搭乗券の提示で出国審査の優先レーンであるプレミアレーンをご利用いただけます。
・プレミアレーンは出国審査場の中央付近にございます。("Premier Lane"の表示がございます)


b0233441_1603750.gif


マレーシア航空
Premier Lane

Overview
Get faster immigration clearance upon arrival and departure at the Kuala Lumpur International Airport (KLIA).

Availability
Daily, from 6am to midnight.


b0233441_15594499.gif

by sekaihahiroi | 2014-03-21 15:17 | indonesia

旅の障害

VISAとリコンファームは我々旅人の障害として立ちはだかる。
特にVISAは、行き先候補を選定するうえでないがしろにはできない。




VISAの取得方法には2つある。

①アライバルビザ(カンボジアやネパール等)
②大使館申請(インドやミャンマー等)


①は空港で多少時間をとられるが、②に比べればストレスははるかに少ない。
シムリアップのように発給カウンターに職員を10人ほど配置し、流れ作業で短時間化を図る国もあるが、カトマンドォゥのように先にに並んだ者が不審人物だと審査が停滞し、大幅に時間のかかる国もある。

いずれにしてもアライバルビザ取得の可能な空港では、機内脱出からスピードレースが展開されることになるので、座席はできる限り出口付近を押さえるのが良い。


②は書留でパスポートに写真と必要書類等を添えて提出するわけだが、このような国への旅は計画の段階で意気消沈してしまうことになる。





リコンファーム

二流以下の航空会社に残っている悪癖である。
この行為を忘れないようにするために旅人はどれだけ苦労しているか。

GA(ガルーダインンドネシア)では、滞在先の連絡先を伝えればリコンファームは不要としている。
しかし、そのために同社の日本支店に電話をかけてホテルの電話番号を伝えなければならない。
1回で済むといえばそれまでだが、そもそもこの旧態然とした制度を廃止すればよいことではないか。





今夏のインドネシアへの旅は、上記2つの障害の洗礼を受けることになる。
アライバルVISAと、GAのリコンファームである。


b0233441_15245050.jpg

by sekaihahiroi | 2014-03-18 14:13 | 遠くへゆきたい