人気ブログランキング |

クラブ委員会の会合

名ばかり委員長の吾輩は、大先輩である副委員長にお勧めの会合場所を予約してもらった。
一応責任者なので真っ先に会場入りした写真である。

カメラは新調したiphone5である。

老舗割烹の料理を撮るのは大先輩方がいたのではばかられた。
8,000円のコースの最後には岩手産のマツタケ入りの御飯が出た。

2次会は吾輩と、とある銀行支店長が会長のおごりでバーへ。
それほどサービスが良いわけではないのに、じつは、そっちの方が高くて会長センキュウなのだ。

b0233441_1936423.jpg

by sekaihahiroi | 2014-09-30 19:32 | アニョーバの世界

iphone5

クラブでお世話になっているau販売会社の社長からお願いされて、ドコモからauに乗り換えて、ついでにギャラクシーからiphone5に交換した。

電話かけ放題でもドコモより安かったのには驚いた。
iphone6はギャラクシーと同じくらいの大きさで、さらに薄さが曲りなどの故障の原因になるということがネックとなり、iphone5sにした。


なんと驚きの現金8万円+12,000円分のカード付きだった。


月額安い
電話かけ放題
お小遣い
社長喜ぶ

素晴しい決断だった。

by sekaihahiroi | 2014-09-29 19:52 | アニョーバの世界

代行バスに乗って残そう只見線W650

5時半起床。
なんと、雨。
しかし、6時半には雨はやむ。
b0233441_19255672.jpg


7時からの朝食に一番で駆けつけるつもりだったが、宿泊している土木関係者に先を越される。
b0233441_19281637.jpg


ブッフェ
b0233441_19281256.jpg


大雨で落ちた鉄橋等の影響で、会津川口駅と只見駅の間が不通となっている只見線。
その間をシャトルバスが運行している。
b0233441_19291142.jpg


夏草に覆われた鉄路は寂しすぎる。
b0233441_19314997.jpg


今となっては誰も利用しない会津蒲生駅。
b0233441_19333793.jpg


日本一風光明美な只見線の再開通を祈る。
b0233441_1936993.jpg

by sekaihahiroi | 2014-09-25 19:35 | W650

そろそろソロに戻ろうW650

奇抜なランチの後は、皆と別れてひとり只見駅経由で今宵の宿湯ら里を目指す。


以前から気になっていた天然炭酸を飲んでみよう。
b0233441_1562721.jpg


場所は街道からすぐ。左手にインフォメーションあり。
b0233441_15821100.jpg


井戸よりその炭酸をくみ上げてから飲むのだ。
ただし井戸といっても地下水としての流れはあるようである。
b0233441_1593274.jpg


味は?
鉄臭い匂いが多少鼻につき、舌先にちょっと炭酸の刺激を感じた。
b0233441_1512126.jpg


運休中の只見線から只見側方向を眺める。
b0233441_151252100.jpg


定点観測のひとつ只見駅。
ZRX1200RからW650に乗り換えて、3回目の只見駅アライバルである。
b0233441_15152113.jpg


只見の街中を走行し、ほどなく湯ら里に到着。
あらかじめメールインフォで把握していた屋根付き駐車場へW650を入れる。
b0233441_15163047.jpg


14時の光はコントラストが強い。
b0233441_15172898.jpg


積雪が3m近くあるので、宿泊客用の駐車場は1階部分に設けられている。
b0233441_15184560.jpg


その駐車場の一角にある犬用ゲージ。
野生の匂いが濃厚な地で愛犬は、心細い一夜をすごすことになる。
b0233441_15202823.jpg


チェキンは15時からだったが、5分待ちで14時5分にチェキン完了。
只見米をプレゼントされる。
b0233441_15215057.jpg


温泉は、併設されている村湯の成分から鉄を除去しているそう。
徒歩3分の村湯も宿泊客は無料で利用できる。
茶色い泉質は鉄臭い湯で、タオルも真茶になる。

こちらは湯ら里の温泉
b0233441_15251525.jpg


入浴後は有名な南郷トマトジュースを飲んでみる。
その後ディナーまでの2時間を只見について学ぶべく、勝手に布団を敷いて寝ころぶ。

b0233441_15254419.jpg


山の幸を使った夕食。
b0233441_15281877.jpg


只見の郷土料理である「平煮」はヘルシー。
b0233441_15291513.jpg


岩魚の刺身と塩焼きはいかにも南会津。
b0233441_15295597.jpg

by sekaihahiroi | 2014-09-24 15:29 | W650

じゃんけんで勝ったり、異文化な物を喰ったりW650

道の駅柳津名物あわソフトを、じゃんけんの戦利品としていただいた。
b0233441_19181195.jpg


道の駅金山では、甘いカボチャが大人気。
b0233441_19191094.jpg


赤いドカティーがリーダーで、黄色のドカティーがサブ。
山路では、吾輩は3位から2位に浮上し、リーダーから「このバイク機敏ですね」と。
また、モータースの社長からは「ハッスルさんはなかなかの走りですね」と。
さらに、近所のBMWは「今日はツーリングかレースか?」と。

登りのコーナーリングを攻める時は吾輩もつい熱くなるのよ。
b0233441_19223461.jpg


リーダーが予約を入れてくれていたおふくろでランチ。
b0233441_19434293.jpg


会津川口名物のカツカレーミックスラーメン。
b0233441_19252678.jpg


丼ぶりの底に御飯があり、その上にラー麺とスープ、さらにその上にカレー、そしてトンカツという大珍味。
b0233441_1927378.jpg


みんなの感想はどうかな。
b0233441_1928237.jpg


我々のテーブルの感想は、チャーシュー巻き寿司の方が美味かったよね。
b0233441_19294392.jpg

by sekaihahiroi | 2014-09-23 19:29 | W650

エヴァー航空の機材を比較する

仙台空港にはラウンジが無く、1,000円分のミールクーポンが提供されるらしい。
しかし、1,000円の価値は生1杯分でしかないだろう。
吾輩はラウンジで、生を3杯いただくことを毎回楽しみにしているのだがなー。
まーそれは置いといて、機材だ。

MD-90
今年限りで退役予定の今は無きダグラス社製である。
水平尾翼が垂直尾翼の天辺にある、クラッシック機である。
仙台発着のローカル便だからしょうがないのか。
b0233441_1916199.png

12座席あるCにも期待が持てない。
狭そうなので、アイルを指定。
Yよりはましという程度だろう。
b0233441_19162837.jpg


一方、台北からバンコクへ向かう機は、B777-300ER。
シートはフルフラットで、ヘリンボーン型。
アジア系ではキャセイも同様のシートを採用。
b0233441_19192293.png

窓側1人用を指定。
さすが台北~バンコク線である。
b0233441_1919351.jpg


機内食は、仙台線だろうと、バンコク線だろう違いは無いようである。
b0233441_19431797.jpg


だからユメユメ仙台空港でカツ丼などのヘビーなものをガッツかないようにしよう。
b0233441_19452183.jpg


来年は、ワインをたしなめる「大人」をめざし、機内ではワインを楽しもうと考えている。
b0233441_1946710.jpg


この赤はイタリア南部系ですね・・・・なんちゃって。
b0233441_19495131.jpg

by sekaihahiroi | 2014-09-20 19:19 | Taiwan

W650車検終了

わが愛車W650の4回目の車検が終わった。
「今時無いバイクですよねー」とモータースが。
「W650を探しているらしい人が、これは中古車ですか?」と店に来ましたよ。とか。
b0233441_1941141.jpg

新車購入後、12,000キロ余りしか乗っていない我がW650を乗ってやらねばな。
ドイツ人からは、どこでこのメッキのモーターを手に入れましたか?
などと問い合わせが来ている。
$10,000ならアウトポートしてやってもいいぞと言っていいものかどうか。
b0233441_195768.jpg


今日は、軽く50キロメートルほど流してきた。
b0233441_1993196.jpg

by sekaihahiroi | 2014-09-15 18:56 | W650

不毛な会話

タイの航空会社であって、スターアライアンスメンバーのT航空会社の東京支店へ電話。

①御社のウエブサイトからバンコク~ウボンラチャタニ往復を検索すると、エラーが表示されますがどうなっていますか?
「国内線はウエブでは販売していません。また、割引運賃は適用にならず、手数料はかかりますが正規運賃のみでしか販売していません。」


②数日前は、表示されていましたよ。
さらに例えばチェンマイ路線は現在でも割引運賃を表示されますが?
「子会社の運行なので、ウボンは表示されないのです。」


③クラビは御社の子会社運行ですが、ちゃんと表示されますよ。
「成田~バンコクを同時に購入していませんか?」


④いいえ、バンコク~ウボンのみの予約をしたいのです。
「本社と確認をとって折り返し連絡します。」


⑤5時間後の返答
「本社に連絡しましたが、おそらくフライトナンバーが変更になるので、現在はウエブでの受付を中止しているものと考えられます。」


⑥ドンムアン空港は遠いのでスワンナブーム空港から乗り継ぎをしたいと思います。
では、ノックエアーなどの他の航空会社に浮気せず、御社のウェブの回復を待ちますよ。
「もしかすると、この便はドンムアン発着になるかもしれません。」



行政庁とのやり取りで、このような意味不明な回答をもらった場合には根拠条文を提示させるのは常識だが、とあるタイの民間航空会社なので内規の提示を求めるのは不可能だと思い、気長にやり取りをしたが、問題は、自社の「内規」を全く理解していない者が「カスタマーセンター」の担当をしていることである。

その結果、最悪のケースは、「手数料+正規運賃」で、航空券を売りつけられた場合であろう。

この航空会社では、数年前にも稚拙な返答をもらったことがあり、今後は要注意と認識である。
マイペンライな航空会社として許容されるのは、タイ国内だけであるということを肝に銘じないと、国際社会の中で生き残っていけないぞと、今日は思った。


現場のソフト面はかなり優秀なのに惜しいなと思うよ。
b0233441_19532547.jpg





b0233441_1959311.jpg





b0233441_19591310.jpg

by sekaihahiroi | 2014-09-10 19:48 | Thailand

驚きタイ

タイの出入国の6回を振り返ってみると、2010年8月のウボンラチャタニ以外は全てトランスファーのための入国だったので、そろそろじっくりとタイに浸る旅も良さそうという思いが強まり、次回の旅はウボンでカウントダウンとなったのである。

バンコクのイミグレーションは、入国スタンプを押印後、乗ってきたフライトナンバーを「推測で」記入する点が興味深い。

ラオスのパクセーを目指し徒歩で国境越え、その後ルワンパパーンへ
2010年8月7日inバンコク・8月9日outウボンラチャタニ(この日以外は全てバンコク)
同年8月15日、16日はバンコク後泊
左はインドVISA

b0233441_853382.jpg




b0233441_8525471.jpg


ミャンマーへの旅に前・後泊
2011年8月
右はミャンマーVISA

b0233441_8533657.jpg



ネパールへの旅に前・後泊
2012年8月

b0233441_8534362.jpg

by sekaihahiroi | 2014-09-09 08:39 | Thailand