人気ブログランキング |

御池~燧裏林道~三条の滝~見晴~白砂乗越~尾瀬沼~沼山峠 One Day Hiking 27.9Km  31,688Steps

今回のコースは、「あのころ」の夏旅を再現すべく、御池~燧裏林道で三条ノ滝~見晴~白砂乗越~尾瀬沼~沼山峠を日帰りで挑戦する旅だ。

山を始めて2年目の友人を連れて、コースタイム(8時間35分)以内で完全走破が目標。

お主やるのー!
御池の土産物屋にて面白いから購入した。

b0233441_14335974.jpg


長年愛用したツエルト(左)を今回運転してもらう友人にプレゼント。
右は最近のツエルト。

b0233441_14371276.jpg


6月1日は御池ロッジに前泊のため、のんびりランチでもと有名な「牛乳屋食堂」で牛乳ラーメンなどを。

b0233441_14392290.jpg


御池ロッジ到着。

b0233441_14404847.jpg


部屋は個室でシャワートイレ完備、展望風呂までもある。

b0233441_14422156.jpg


浴衣もあるが体調管理のためパジャマは必携。

b0233441_14443862.jpg


夕食前の散策を楽しんでいると・・・・・事件発生。


b0233441_14455223.jpg


警察や消防の車両、上空には低空飛行のヘリコプター。
東北以北では最高峰の燧ケ岳と、会津駒が岳で同時多発遭難が発生


b0233441_14571955.jpg


しかし、タイムアウト。捜索は明朝に持ち越された。
前泊時の夕食はヤマメがメインで、2年前にも十二分に堪能した味覚だ。


b0233441_15002521.jpg


翌朝は4時起きで前夜に用意された朝食をお茶で流し込む。


b0233441_15012581.jpg


救助に向かう捜索隊を燧ケ岳の登り口で目撃。


b0233441_15051003.jpg


昨夜は霜が降りた。


b0233441_15063163.jpg


霜を纏ったコバイケイソウを見つめていると不吉な思いがよぎる。


b0233441_15073842.jpg


霜に覆われた木道を快調に進むと・・・・エクシデントが多発!


b0233441_15090777.jpg


歩き方に慣れていない友人がズデーンと、3度ほどひっくり返る。
怪我がなかったからよかったものの「キミは本当に雪国の人かね」と、本音で注意を促す。


b0233441_15113510.jpg


出発の時刻を写真で記録しなかったが、ベゼルで5時15分だったことが確認できた。


b0233441_15164534.jpg
こんもりしたブナの森がかわいい。
b0233441_15180520.jpg


6時ノメリ田代通過。


b0233441_15190247.jpg


6時20分出戸深沢通過。
道には残雪無し。


b0233441_15290832.jpg


6時40分
天神田代通過。


b0233441_15310093.jpg


裏燧橋通過。


b0233441_15341820.jpg


「あのころ」も大変だったことを思いだしながら急峻な崖を下って三条ノ滝を目指す。


b0233441_15403132.jpg



8時25分三条ノ滝到着。


b0233441_15422792.jpg


小休止後、温泉小屋を目指す。
この小屋は前回(「あのころ」)のスキーツアーで利用したが、エピソードがある。

GWにはヒロシ君とヒデオ君の3人でスキーで至仏山を目指した。
御池の駐車場からスキーを履き、裏燧林道コースで赤田代の温泉小屋を目指した。
翌日は、快晴の尾瀬ヶ原を快調にスキーを滑らせながら縦断し、昼過ぎには至仏山の頂上に達した。
昼食後、いよいよシールを外して滑降である。ところどころモナカというコンディションに悩まされ、転倒しながらも原まで滑り降りた。シールを装着し、尾瀬ヶ原を縦断し温泉小屋に到着したころは真っ暗だった。
小屋番が「遭難したかと思ったぞ。」と、大変心配させてしまった。

翌朝事件が起きた。
昨夜遅く小屋に到着後、ヒロシ君はスキーのシールを外さずに寝てしまったため、シールの粘着力が極端に低下してしまい、小屋を出発時にはシールをスキーに装着できない事態になってしまった。
しょうがないのでヒロシ君は細引きをスキーのトップの穴に通し、一方を腰に巻きつけてツボ足で裏燧林道を縦断することになった。
遅れるヒロシ君を気遣いながらなんとか御池に到着したころはまたもや真っ暗闇であった。



b0233441_15462005.jpg


原に出てからは今までとは違い、旅人が急増した。


b0233441_15483812.jpg
原から残雪の至仏山を望む。
「あのころ」はスキーで尾瀬ヶ原を抜け、至仏山を極めた。
カメラマンは前述のズデーン君。
b0233441_09450908.jpg
見晴到着。
b0233441_09484439.jpg
10時5分見晴通過。
ここまで4時間50分。
コースタイムでは4時間15分なので、三条ノ滝での休憩を入れればほぼオンタイム。
b0233441_09491807.jpg
いやな白砂乗越では、とうとう友人が音を上げた。
11時50分沼尻休憩所通過。
b0233441_09534323.jpg
満開の千島桜。
b0233441_09575886.jpg
静かな尾瀬沼北岸を行く。
b0233441_09592513.jpg
12時35分長蔵小屋到着。
b0233441_10041725.jpg
フォトジェニック!
b0233441_10060622.jpg
長蔵小屋内部見取り図。
b0233441_10071701.jpg
ランチはこの小屋でカレーうどんを。
友人が言うには、こんなところでカレーうどんが食べれただけで幸せと思えば幸せだと。
b0233441_10090241.jpg

1本の羊羹を山行に持参するスタイルは、湊かなえの山岳小説で有名になった。
食べ終えた羊羹をパッキングする旅人。
b0233441_10132421.jpg
東北以北最高峰の燧ガ岳を遠望する。
b0233441_13041263.jpg
原では水芭蕉は終了。
沼でもそれほどでもない。
b0233441_13051605.jpg
14時沼山峠着。
8時間45分に渡る長旅はこれにて終了。
コースタイムの8時間35分に対し、途中の休憩時間を差し引けば上出来だ。
b0233441_13073576.jpg


# by sekaihahiroi | 2018-06-20 14:45 | 山行

今夏は還暦マグを持って奥尻島へ

I was born in 1958 so Happy 60 year old!
b0233441_19231982.jpg

# by sekaihahiroi | 2018-05-26 19:25 | 国内旅行

ディスカバージャパン/5月の陽光輝く栃木市

GW前半に思い立った栃木市への旅は、新幹線の予約から始まった。

b0233441_12565709.jpg
JR北海道管内のチケットもJR東管内で入手できるようになったため、「えきねっと」の恩恵を多少感ずることができるようになった感がするが、欧米のようなEチケットシステムを導入できれば完璧だろう。
b0233441_12561389.jpg
東北新幹線の小山駅には、かつては「あおば」という愛称で運行していた各駅停車の新幹線鈍行で行くことになる。
それぞれの停車駅では、「列車待通過待ちのため3分ほど停車します。」と、カレチさんの昔懐かしい車内放送が聞ける。
b0233441_13033442.jpg
初めて乗車する両毛線で、もちろん栃木駅も初利用。
郊外の駅舎を想像していたから驚いた。
b0233441_13065240.jpg
駅を出て巴波川(うずまがわ)を目指す。
趣のある教会だ。
b0233441_13082363.jpg

栃木といえばかんぴょう。
中国産のかんぴょうを売っている店もある中で、この店は県産品を安く扱っているとか。
b0233441_13115023.jpg
ここは巴波川の舟運を活用し、商人町として繁栄した。
b0233441_13113650.jpg
船頭さんから歴史を学び、最後はノドを披露してもらって20分ほどの舟くだりを堪能した。
b0233441_13172010.jpg
クルーズの後はぶらぶらと街歩き
b0233441_13225815.jpg
ランチはYAMATO Parlour Tochigi。

b0233441_13240696.jpg
時はちょうど12時なので満席。
急な階段を上り2階にある待合所へ。

b0233441_13261065.jpg
しゃれた待合室で30分ほど待つ。

b0233441_13293389.jpg
今秋でネオパン100の製造中止のニュースがあり、急きょ5本ほど購入した。
かつてSLマニアだった頃、父のニコンFに50mmf1.4をつけてネオパンSSで東北や北海道のSLを追ったが、伝統のフィルムが消えるのは寂しい限りだ。
b0233441_13304850.jpg
古の街、栃木をライカM6にズミクロン35mm、そしてネオパン100で撮る旅。
レストランでは、メイン機材をRX100とCarl Zeissで撮ってみた。
b0233441_13375639.jpg

potato

b0233441_14390866.jpg
Deep-fried koji style of chicken with Bamboo rice
b0233441_14400665.jpg
デザートは近所の冨士屋で。
b0233441_14470009.jpg
和菓子好きにはたまらんだろう。
b0233441_14471427.jpg
あんこは苦手。
b0233441_14472962.jpg
さらにオールドタウンを行く。
b0233441_14520970.jpg
5月の陽光輝く栃木市の鯉のぼりと古街道。
b0233441_14534916.jpg
懐かしい佇まいを見せる河川。
b0233441_14541114.jpg
土産はmade in Japanの・・・・。
b0233441_14544957.jpg
革製山靴の掃除用として、ザ30号たわし。
b0233441_14555061.jpg

# by sekaihahiroi | 2018-05-07 13:16 | 国内旅行

山では昔取った杵と柄は通用しない

今日のタイトルは名言である。

これは、30年来の知人である某山の小屋番からの忠告。
b0233441_16043497.jpg

# by sekaihahiroi | 2018-04-20 16:06 | 山行

13日の金曜日はくろがね小屋で

ボッカさんは、前くろがね小屋支所長のS氏。
彼は、厳冬期の頂上直下での人命救助で叙勲を賜っているが、私の記憶では3代前のN氏に次ぎ2人目の叙勲だった。
b0233441_15111608.jpg
相変わらずの健脚である。
b0233441_15130051.jpg



4月13日金曜日

週末のくろがね小屋は混み合うので1日ずらす作戦。
良くしまった雪道は舗装道路のようで以前から好きだ。
b0233441_13330435.jpg


2年前から山を始めた知人を連れての残雪期の安達太良山。
山形のモンベルで冬山装備を買い揃えてきた知人だが、クランポンまでも買い揃えてきたのには驚いた。
新調したこのポールは体重をかけすぎたせいかよく縮むらしく、知人は「タイム」を連発。

しかし、急登時のみに連呼していたことを考えれば、「靴ひも締め」と同様の効果を期待していたのかも?
b0233441_13373392.jpg


安達太良山の主峰乳首山が木立から覗ける。
b0233441_13472643.jpg

山道を登りながらくろがね小屋のSさんが現役の小屋番だったころに思いを寄せる。
当時、この狭い登山道にきれいなシュプールを描いたくろがね小屋のSさんだが、
登りの途中で、このシュプールに出会うと、彼の下山は確定的となった。
b0233441_13492741.jpg


登山道を登り切り、馬車道に出る。
b0233441_13504898.jpg


積雪が増えてきたが、快適な山旅である。
b0233441_13521379.jpg


勢至平に出る。
右下にある休憩岩と命名している岩で、パタゴニアのナノパフフーディーを纏う。
b0233441_13585342.jpg



残雪期のルートで唯一緊張するくろがね小屋手前東斜面のトラバース。
b0233441_14020268.jpg


時刻は15時を少し回ったころ。
雪が締まってきた。
ピッケルを持参すべきだったと多少後悔するが、初心者と一緒なので仕方がなかった。

今回の山旅ではロングスパッツは未装着でもOkey!

山靴はフルオーダーで作ったICI石井のムスターグ。
現在は8万円余り、納期は2年後とのこと。
b0233441_14035446.jpg
くろがね小屋が見えてきた。
この光景は何度見ても感動である。
b0233441_14102931.jpg
チェキンは15時30分過ぎ。
b0233441_15095171.jpg
ほとんど何も変わっていない。
b0233441_15182609.jpg
携帯の充電設備が夏用入口のそばに設置された。
b0233441_15195477.jpg
今宵のOur room。
b0233441_15191525.jpg
部屋から鉄山を望む。
b0233441_15221138.jpg
何も変わらないOur roomの天井。
b0233441_15241090.jpg
カーテンを閉めれば「個室」に早変わり。
b0233441_15243009.jpg
長年連れ添ったグランテトラ。
b0233441_15260391.jpg
夕食前のリラックスタイム。
b0233441_15262487.jpg
17時30分。
歴代の小屋番が作るカレーライスは多少「味付け」が異なった。
自炊だったころを懐かしみながらおいしいディナーをほおばる。
b0233441_15272328.jpg
夕食後は21時まで歓談。
b0233441_15314290.jpg
朝食にシチューが追加された点がうれしい。
b0233441_15584288.jpg
好天の朝を行く旅人達。
b0233441_15590277.jpg

# by sekaihahiroi | 2018-04-16 13:41 | 山行